ロジクールの神マウス「MX Anywhere 3」を買え、話はそれからだ

ロジクールのワイヤレスモバイルマウス「MX Anywhere 3」を買いました。

2020年10月29日発売。
iPad用のマウスを探していたところ、システムエンジニアをやっている高校時代の友人に勧められて、Amazonでポチりました。

銀河系最強の神マウス爆誕

結論から言うと、このマウス、神です。
追加であと2個買おうと思ってます。

内容物はこちら。

  • マウス本体
  • USB-C充電ケーブル
  • USBレシーバー
  • 保証書など

今回はiPad ProとBluetooth接続するので、USBレシーバーは不要。

説明書かと思ったら、バッテリーの取り外し方でした。
廃棄する時のためですね。捨てないけど。むしろ買い増しますけど。

高級感がすごいぞ

パッと見は普通の1,000円くらいのマウスなんですが、実際に手に取ると、高級感の凄みと言いますか、細部の作り込みが安物のそれとは一線を画しています。

実測で94グラム。
びっくりするほど軽いというわけではなく「中身がしっかり詰まってる感」があります。

裏面はこんな感じ。

サイドグリップのシリコン素材がめっちゃ滑らか。

左面にサイドボタンが2つ。
後述しますが、これがすごいんです。

手にすっぽりと収まるコンパクト設計。
クリック音は小さくないので、自宅で深夜作業する方は、唯一の懸念点かなと思います。

充電はUSB-Cポートから

海外でも安心して使えるバッテリー駆動式。
マウスの前面にUSB-Cポート。2時間のフル充電で70日間の使用が可能。

これも嬉しいポイントなんですが、たとえ使用中にバッテリーが切れたとしても、モバイルバッテリーやiPad本体に接続することで、充電しながら使えちゃいます。
*1分の急速充電で3時間の使用が可能。

金属ホイールはMagSpeed搭載

ロジクール独自開発の「MagSpeed電磁気スクロールホイール」を搭載。
めっちゃ簡単に言うと、1秒で1000行のスクロールができるスゴいやつ。

フリースピンの超高速モードは「スーーーッ」と回り続けてめっちゃ気持ちいい。
ちなみに、ホイールはポチっと押せるボタンにもなっていて、操作割り当てのカスタマイズが可能です。(後述)

金属ホイール下の「モードシフトボタン」を押すことで、超高速モード(フリースピン)とラチェットモード(ゆっくり)を切り替えられます。すげえ技術やな。

iPad Proとの相性抜群

もちろんWindowsやMac等でも使えるのですが、iPad Pro+ Smart Keyboard Folioと組み合わせると作業効率が爆上がりするのでご紹介。

まずは裏面の電源スイッチでON。

ちなみに、最大3つのデバイスに接続して、ボタン一つで切り替えることも可能。
僕は使いませんが、複数台利用の方はどうぞ。

iPad OSの設定方法

「設定」→「Bluetooth」で「MX Anywhere 3」を選択。
*初回設定を終えると、次回から2秒で爆速ペアリングできます。

「設定」→「一般」→「トラックパッドとマウス」で「ナチュラルなスクロール」をOFF。
*PCと同じく、ホイールを下に回すと画面が上にスクロールされます。お好みでどうぞ。

各ボタンのカスタマイズ方法

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」で「AssistiveTouch」をON。
*アシスティブタッチをONにしないと、ボタンのカスタマイズはできません。

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「デバイス」→「MX Anywhere 3」で、ボタン1~5を設定。

おすすめの設定は以下。

  • ボタン1:シングルタップ
  • ボタン2:副ボタンのクリック
  • ボタン3:ホーム
  • ボタン4:Dock
  • ボタン5:Appスイッチャー

僕がブログ執筆のワークフローで使うアプリは、すべてDockに置いてるので、アプリの切り替えは、親指で「ボタン4」を押すだけで完結します。めっちゃ便利。

▲11インチiPad Pro(第3世代)+ Smart Keyboard Folio + Apple Pencil + MX Anywhere 3

作業風景はこんな感じ。
モニターに手を伸ばしてタッチする動きが減ることで、リアルに作業効率は1.8倍くらいになると思います。
特に僕みたいなWindows育ちのトラックパッド使わないマンにはおすすめ。

ガラス面でもトラッキング可能

4000dpi精度のセンサーで、ガラス面を含むあらゆる表面上でのトラッキングが可能。
デスクの上やカフェなど、どこでも作業できるのが嬉しい。

なんならジーパンの上でも正確にトラッキングできました。

NIDOOのケースに入れるにはデカい

NIDOOのスリーブケースのポケットにも無理やり押し込むことは可能。

高さ的にちょっと無理があるので、本気で作業するときは、別でリュックに入れて持ち歩いています。

メリット

  • 高級感がある。
  • USB-Cポートで急速充電できる。
  • 5個のボタンのカスタマイズが可能。
  • ペアリングが爆速。
  • MagSpeedで超高速のスクロールが可能。

デメリット

  • クリック音が小さくない。
  • ピクセル単位の細かい作業はApple Pencilの方がやりやすい。
  • ちょっとかさばる。
  • マウスにしては価格が高め。

生産性アップさせたい人は買うべし

すべてのノマドワーカーへ捧ぐ。
ロジクールの神マウス「MX Anywhere 3」を買え、話はそれからだ。
この記事もiPad Proとマウスで書きました。

▼Bluetooth接続に特化した「for Mac」バージョンもあります。(ペイルグレーのみ)