Kindle Paperwhiteを買って、紙の本を全部寄付した話

世界で最も売れている電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を買いました。


開けた段階で、すでに説明書が表示されています。
紙かと思って、こすってしまいました。笑

接続方法:Wi-Fi、モデル:キャンペーン情報なしがおすすめ。

ケースを付けるとこんな感じ


比較的に安価なケースですが、重すぎず、使い勝手が良いです。
フリップを閉じると自動でスリープします。

読みやすい電子ペーパー「E Ink」


E Inkにはバックライトがなく、目が疲れません
しかも、一度表示されれば、電力を消費しないので省エネです。

ハイライト機能


本の中で気になる文に線を引けます。
ハイライトした箇所は、Kindleがまとめてくれているので便利!

人が時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

Kindle Unlimitedに登録してみた


Amazonが提供する定額の電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」は、月額980円(初月無料)で、10万冊以上の膨大なラインナップを楽しめます。

▼Kindle Unlimitedの登録はこちら▼

▼読んでよかった本リスト▼

紙の本をチャリボンで寄付


株式会社バリューブックスが運営する「チャリボン」を利用して、紙の本をすべて寄付しました。

愛読書が離れていく寂しさはありますが、物質的な豊かさが人を幸せにする時代は終わったのです。


参照:チャリボンとは ? チャリボン【古本でNPO・NGOを支援する】

ユーザーがやることは、
「不要になった本をダンボールに詰める」

「支援する団体を選ぶ」

「フォームで申し込む」

これだけ。あとは、ヤマト運輸さんが家まで本を取りに来てくれます。
古本は5冊から受け付けています。

良い読書ライフを!

Kindle Paperwhite、個人的には大正解の買い物でした。
パフォーマーという職業柄、飛行機や新幹線の移動が多いのですが、これからは少ない荷物で有意義な時間を過ごせそうです。


▼Kindle Paperwhiteの購入はこちらから▼





■よく読まれている記事■

2万円で最低限の「非常持ち出し袋」を作ってみた

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

2018年に買ってよかったもの22選

人生最高のバー体験!渋谷の「The SG Club」で世界一のカクテルを楽しもう

悪の巣窟、香港の安宿「重慶大厦」に宿泊してきた