世界102ヶ国で使える!「AIRSIM(エアシム)」は24時間単位で契約できてお得

世界102ヶ国で使える、チャージ式SIMカード「AIRSIM(エアシム)」を買ってみました。


香港のMVNOキャリアの信京電訊が販売するAIRSIM。
結論から言うと、トランジットなどで2~3ヶ国以上の周遊旅行をする方は、確実に「買い」です。

メリット

渡航先でいちいちSIMカードを調達する必要がない

これが最大のメリット。初めて行く国でも、精神的に楽になれます。

ほぼ世界中で使える

メジャーな観光都市は全て網羅。ただし、アフリカは使えない国が多いです。

維持費が無料

一度買えばずっと使えますが、有効期限が「最後の利用開始日から1年間」なので、1年に1回は使いましょう。

デメリット

通信環境がないとプランの購入ができない

Wi-Fiのある環境や、出国前に日本で購入しておくのが無難。

24時間契約でも0時からカウント

例えば「夕方に着いて、翌朝に出発」という場合は、48時間以上のパッケージを契約する必要があります。

イギリスでは接続に苦戦

iPhoneに入れて設定画面の「Restart Sim」を押せば接続できましたが、アンドロイド端末しか持っていない方は、接続できないリスクがあります。今後の改善に期待。

高くついてしまう国もある

1ヶ国に長期滞在する方は、現地のSIMカードを買った方がお得です。

実際にセッティングしてみた


Amazonから封筒で郵便ポストに届きます。


最近のスマートフォンはほぼ「nano SIM」に統一されているので、一番小さいサイズで切り取ります。SIMピンも付属しているので安心。

専用アプリをダウンロード


カードに記載の「アクティベーションコード」を入力します。

AIRSIM ROAM

AIRSIM ROAM

Shinetown Telecommunication Ltd無料posted withアプリーチ

国と日数を選んで購入


上記4ヶ国で10日間ほど滞在して、37ドル(=約4,000円)でした。
がっつりインスタも使いましたが、通信速度も問題なし。

ケースが便利


日本のキャリアのSIMを入れておけるので、失くす心配がありません。
海外旅行の際は、ぜひお試しください。

*お手持ちのスマートフォンが「SIMフリー」に対応していることをお確かめください。


▼アジア周遊の際はこちら▼


▼タイへ行く方はこちら▼





■よく読まれている記事■

2019年最新!ANAダイヤモンドメンバーが教えるマイルの貯め方

2018年に買ってよかったもの28選

海外旅行で役立つ便利なトラベルグッズ31選

本は、聴こう。Amazon「オーディブル」はノンストレスの読書体験

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ