アジア14ヶ国利用可能!プリペイドSIMカード「SIM2Fly」が便利

ジャカルタとシンガポール周遊旅行の際に、プリペイドSIMカード「SIM2Fly(シム・ツー・フライ)」をAmazonで買ってみました。

8日間使えて約1,400円!

2ヶ国以上の渡航の際には、確実に元が取れます。
ちなみに、シンガポールの空港でSIMカードを買うと、2,000円以上することがあります。

アジア14ヶ国利用可能

韓国・台湾・香港・シンガポール・マカオ・マレーシア・フィリピン・インド・カンボジア・ラオス・ミャンマー・ネパール・インドネシア・スリランカ・カタールなどアジア諸国からオーストラリアまで、この1枚のSIMでカバーできるというスグレモノ。
(*タイ・ベトナムでは使えないので注意)

さらに、日本国内でも利用可能です!(日本ではソフトバンク網)

封筒に入ってポストに届く


マーケットプレイス出品商品ということで、普通郵便で届きました。
渡航の一週間にはポチっておくと安心でしょう。

日本出国前にセッティングしよう


出発前に自宅やラウンジでセッティングしておけば、現地空港へ着陸後、すぐに使えます。


最近のスマホはほぼ「nano SIM」サイズで統一されているので、一番小さく切り取ります。


あとはスマホに差し込むだけ。
SIMピンはパスポートケースに常備しておくと便利です。

日本のSIMカードを失くさないように注意


日本のSIMもパスポートケースに大切に保管しておきましょう。

まとめ

通信速度も問題なく、快適に使うことができました。
アジアの周遊旅行やトランジットで、2ヶ国以上へ渡航の際はオススメです。

*お手持ちのスマートフォンが「SIMフリー」に対応していることをお確かめください。


▼お得な2枚セットはこちら▼


▼タイへ行く方はこちら▼





■よく読まれている記事■

2万円で最低限の「非常持ち出し袋」を作ってみた

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

2018年に買ってよかったもの22選

人生最高のバー体験!渋谷の「The SG Club」で世界一のカクテルを楽しもう

悪の巣窟、香港の安宿「重慶大厦」に宿泊してきた