旅行ガチ勢におすすめ!「mono-X(モノクロス)」ガジェットポーチの収納力がすごいぞ

LiberFlyer製のガジェットポーチ「mono-X(モノクロス)」を買ってみました。

Amazon.co.jpにて購入。
カラー展開は「シルバー&ブラック」の1種類のみです。

「LiberFlyer(リバーフライヤー)」とは?

“Liber(自由に)Flyer(飛び周る人)をサポートする”
2018年創業、TOKYO発のトラベルグッズブランド。スタッフは全員海外旅行&アウトドア好き。
Made in Chinaではありますが、開発が日本の企業ということで安心感があります。

開けるとこんな感じ

このメッシュポケットの充実っぷりはお見事。

フタ側にはジッパーポケットも。
LiberFlyer製品は、以前ネパールでセキュリティポーチをストラップがボロボロになるまで使い倒した経験があります。使うたびに「さすが海外旅行のプロがデザインしたな…」と思わせてくれて大好き。

さっそく詰め込んでみた

うーん、この収納力は異常。
スマホ類の充電ケーブルと、カメラグッズが全部入っちゃいました。

「ライトニング」と「Type-C」をセパレートできて最高。
いっしょに放り込むと120%絡まって、貴重な人生の時間を無駄にします。

メッシュポケットの伸縮性がGood。
ちょっと無理やりですが、オリンパス純正の充電器もがっちりホールドできました。

さすがに一眼レフのレンズは入らないので諦めましょう。
HAKUBAのクッションケースなら、直接バッグに放りこめるので問題なし。

裏面はこんな感じ

裏面にもジッパーポケットがあります。

日本が世界に誇る「YKK」の高品質ファスナーを採用。
このあたりの細かい気遣いはさすが。

ふらっと近所のカフェで作業するときは、財布代わりにもなります。

高級感のある合成皮革(たぶん)の持ち手。外出時にめっちゃ便利。

家を出る直前に「あ!充電ケーブル忘れてた…」という場合はこうです。

防水ナイロン・止水ジッパー

ハードコアな旅行者にはありがたい。
急なスコールが直撃しても安心です。(雨季の東南アジアあるある)

無印良品のポーチと比較

今まで使っていた無印良品「EVAポーチ」との比較。
「mono-X」の方がひとまわりデカくて重い。(ケースのみで重さ210g)

機内持ち込み用キャリー(32L)に入れるとこんな感じ。
片面1/5くらいをガッツリ占領しちゃいますが、スッキリ感は抜群。

メリット

  • 見た目以上に収納力がすごい
  • デザインがおっさん臭くない
  • 化粧ポーチとしても使える

デメリット

  • 「普段スマホのケーブルしか持たない」程度のライト層にはサイズが大きすぎる
  • バックパックに入れるには少しデカいかも

さあ、ガジェットを詰め込んで旅に出よう!

▲The St. Regis Osakaにて

ブロガーとしては、スマホ類のケーブルとカメラ用品をまとめて持ち運べるのはありがてぇ。
しばらくフィールドテストを繰り返しつつ、ボロボロになるまで使い込みます。