2022年最新版!渋谷の名門「The SG Club」でカクテル10杯キメてきた

東京・渋谷のカクテルバー「The SG Club(ザ・エスジー・クラブ)」に行ってきました。

JR山手線「渋谷」より徒歩9分ほど

渋谷区随一のおしゃれスポット、神南(じんなん)エリア。
スクランブル交差点から、NHKホール方面へ北上して、徒歩9分ほど。

世界最高峰のバーテンダー・後閑信吾氏プロデュースの名店

2018年6月グランドオープン!
カクテル界の頂点を極め、今世界で最も注目されるバーテンダー・後閑信吾(ごかん しんご)氏による日本初出店のバーです。

▲Shingo Gokan(@shingo_gokan

2006年に単身NYに渡り、カクテルの本場で腕を磨いたのち、上海に拠点を移して3店のバーをオープン。
2017年にはバー業界のアカデミー賞と⾔われる「International Bartender of the Year」を受賞。

2020年版「アジアのベストバー50(Asia’s 50 Best Bars)」第9位ランクイン!

店内には3つのフロアが

“Sip” and “Guzzle”
店内は3つのフロアに分かれており、それぞれで全く違った雰囲気を楽しめます。
*2階 “Savor” は会員制シガーバーです。

1階「Guzzle(ガズル)」=ぐい飲み

バー初心者でも気軽に楽しめる、カジュアルなフロア。

17〜19時はハッピーアワー!
リッチなカクテルを800円/杯で楽しめます。

とりあえず生とジントニック(800円)

迷ったらこれ!
生ビールとジントニックの味わいが同時に楽しめて「???」ってなります。

ナンバーワンカップ(1,200円)

おなじみの「ワンカップ大関」をSG流にアレンジ。
見かけによらず、アールグレイとシトラスが香る、気品あふれる一杯。

通のネグローニ(1,500円)

ラムとカカオ三段仕込みで熟成させた、超濃厚な“ツウ”のネグローニ。
3杯ですでにほろ酔いですが、まだまだ行きましょう。

地下1階「Sip(シップ)」=ちびちび飲む

地下への階段を降りると、靴磨きブース「Sip & Shine」が登場。
これぞアメリカンクラシック。

カウンターには後閑信吾氏。世界中のカクテルラバーが嫉妬する、贅沢な空間。
棚の奥には、わずかな光を最大限に反射させるための「銀箔」が貼られています。

行燈(あんどん)をモチーフにした照明。
底面には、120年前に実際に使われていた「着物の染め型」が貼られています。

カウンターの下もよく見ると畳です。
“粋”な遊び心がニクいですね。

2022年の最新メニューをチェック

畳縁(たたみべり)で縁取られたメニューが激渋。
そして、カクテル名のクセがすごい。

オスローの風(1,800円)

後閑氏が監修する高級焼酎ブランド「SG Shochu」と、ノルウェーの蒸留酒「Aquavit(アクアヴィット)」を使った、北欧の風薫る一杯。

マルガリータ超え(1,800円)

テキーラの最高峰ブランド「PATRÓN(パトロン)」をベースに、パイナップル、キュウリ、ハラペーニョで仕上げたメキシカンな一杯。

和牛とチャーリーブラウン(2,500円)

個人的ベストはこれ!
後閑氏曰く「チャーリーブラウンがスヌーピーではなく、和牛を好きになったら…」という楽しいコンセプト。

なんとあの「WAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)」の最高級神戸牛を使用。
肉から滴る脂と共に、アメリカが誇るプレミアムバーボン「ウッドフォードリザーブ」を流し込む大人の遊び。うんめぇ。

Speak Low(スピーク・ロウ)

こちらは番外編。
後閑氏が「バカルディ・レガシー・カクテルコンペティション2012」において優勝し、その名を世界に轟かせることになった、まさに“世界一のカクテル”。
バカルディラムをベースに、抹茶とシェリー、柚子で仕上げたエポックメイキングな一杯。

2階「Savor(セイヴァー)」=味わう

会員制でシガーとカクテルのペアリングを楽しめるVIPラウンジ。
通常は年会費を納める会員のみ入室可能ですが、特別に潜入させていただきました。

30年以上のキャリアを誇るバーテンダー・渡辺高弘(わたなべ たかひろ)氏。

魅惑のコニャック(9,000円)

The SG Clubがセレクトした、葉巻と相性の良い3種類のコニャックのテイスティングセット。

左から、

  • DUQUAI BORDERIE 1970:世界90本限定。
  • MARTELL COHIBA EXTRA:シガーの名門“コイーバ社”とのコラボ。
  • HENNESY XO:コニャックの王様。

です。

Punch Punch(パンチ・パンチ)

シガー初心者なので、渡辺さんにチョイスしていただきました。

キューバを代表する老舗葉巻ブランド「Punch(パンチ)」。
英国のチャーチル元首相も、ハバナ滞在時に工場を訪れた事があるとか。

スパイシーかつ甘みがあって、めちゃくちゃうめぇ。
ヤバい遊びを覚えてしまった。

世界最高峰のカクテル体験を

本格的なバーに行ったことがない若者が多い中「ニューヨークのバーのように、誰でも気軽に楽しめる店にしたい」と語る後閑信吾さん。

この数年、アジアズベストバーを含む150軒以上のバーを巡ってきましたが「The SG Club」は文句なしで人生最高のバー体験でした。酔い夜しかない。

ご予約はこちら:
https://www.tablecheck.com/shops/the-sg-club/reserve
*地下1階「Sip」のみ予約可能。

Tel:050-3172-6160

【営業時間】
17:00~翌3:00
*17:00-19:00はハッピーアワー。

今回ご紹介したお店

店名 The SG Club(ザ・エスジー・クラブ)
住所 東京都渋谷区神南1-7-8
エリア 渋谷・神南
定休日 なし
アクセス JR山手線「渋谷」より徒歩9分
地図 表示する(Google Map)
食べログ 表示する(外部サイト)
Instagram @the_sg_club

▼系列店@渋谷はこちらから。

▼後閑氏が修行を積んだNYの名門。