雑居ビルの隠れ家中華!六本木の名店「52(ゴニ)」は深夜メシにおすすめ

東京・六本木の中華料理店「52(ゴニ)」に行ってきました。

東京メトロ「六本木」6番出口より徒歩2分ほど

麻布警察署からダッシュで30秒。
「魔法ダイニングバー OSMAND」のすぐ横と言えば、パフォーマー業界ではわかりやすいでしょうか。

外から見える看板はこれだけ。
六本木らしからぬ地味な雑居ビルなので、ぼーっとしてたら通りすぎるかも。

エレベーターで2Fへ

???
一瞬、間違えたかと思いましたが「52」の表札にひと安心。
まるでスピークイージーのような面構えに心が躍ります。
※1920年代、アメリカ禁酒法時代にアルコールを密売していた隠れ家バーのこと。

メニューはアラカルトのみ

入店してカウンターへ。
メニューは至ってシンプルで、アルコールは一律800円と明朗会計。
程よいサイズの中華をつまみながら、お酒を楽しめるバーのようなスタンスです。

レギュラーメニュー以外にも、黒板には「本日のオススメ」が4種類。

絶品の隠れ家中華を楽しもう

生ビール(マスターズドリーム)

プレモルの最高峰「マスターズドリーム」が激ウマ。
ちなみに、2022年4月から缶が一般発売されるらしい。

センマイポン酢(700円)

グルメブロガー・タケマシュラン氏も絶賛の前菜。
細く切られたセンマイ、シャキっとしたキュウリ、そしてアクセントの大葉のバランスが秀逸。

焼餃子(160円×4個)

52のスペシャリテが登場!
メニューには5個で記載されていますが、注文の際に個数を尋ねてくださります。オーダー後に手際よく包んで、すぐに焼き上げるスタイルで、噛めば肉汁がドバーっと溢れる小籠包の様相を呈しています。

揚げ野菜 葱ソース(800円)

ズッキーニー、ゴボウ、茄子、獅子唐の布陣でしたが、ゴボウの土の香りが爆発しててすごかった。もう野菜が喜んどるわ。

水餃子(800円)

本日1番のお皿です。
二郎系を彷彿とさせるたっぷりの茹でモヤシに、濃厚なゴマダレとラー油。

焼餃子も美味しかったのですが、水餃子も素晴らしい。
肉そのものの味が強くて、ソースに負けてないのがすごい。

君はゴマダレで餃子を食べたことがあるか?

カメ出し紹興酒(ロック)

800円ポッキリで、ロックグラスに並々と注いでくれる気前の良さ。
カメの中でエイジングされているのか、角が取れたまろやかな味わいです。
ロックなのに、思わずゴクゴクいけてしまって危険。

牛ハラミステーキ(1,200円)

もはや中華というか、洋食として完成され尽くしたステーキ。
どのお皿も必要以上にこねくり回さずに、シンプルに勝負する姿勢が垣間見えます。

深夜も使えてコスパも最強

以上を2人で食べて、お会計は合計7,700円ほど。
これは素晴らしい費用対効果。1皿1皿のポーションが小さくて、スペインバル的に楽しめます。超人気店のため、予約はマスト。

Tel:03-3402-0052


【営業時間】
[月~金] 18:30~翌3:00(L.O.翌2:00)
[土] 18:30~翌2:00(L.O.1:00)

今回ご紹介したお店

店名 52(ゴニ)
住所 東京都港区六本木4-6-4 第5一越ビル 2F
エリア 六本木
定休日 日曜・祝日の月曜
アクセス 東京メトロ「六本木」より徒歩2分
地図 表示する(Google Map)
食べログ 表示する(外部サイト)