ひとつまみの絶品スイーツ!南青山「UN GRAIN(アン グラン)」で繊細な“ミニャルディーズ”を楽しもう

東京・南青山のミニャルディーズ専門店「UN GRAIN(アン グラン)」に行ってきました。

東京メトロ「表参道」B1出口より徒歩9分ほど

「ブルーノート東京」からダッシュで30秒!
南青山6丁目の閑静な住宅街に、ひっそりと佇む名店です。

UN GRAIN=“一粒の種”

2015年11月オープン。
アン グランとは、フランス語で「一粒の種」の意味です。

シックなデザインの店内。
イートインスペースは4席限定です。

国内屈指のミニャルディーズ専門店

フランス語で「上品さ、可憐さ」という意味もある「ミニャルディーズ(mignardises)」は、ひとつまみサイズのお菓子のこと。

食べログ百名店「スイーツTOKYO 2019」、anan「手土産大賞2016」など、受賞歴多数。

昆布智成(こんぶ・ともなり)シェフとご挨拶

シェフパティシエの昆布智成さん(@tomo.kombu
福井県で230年の歴史を持つ和菓子店「昆布屋孫兵衛」の長男として生まれ、名門「ピエール・エルメ」でフランス菓子の基礎を学び、2012年に渡仏後「ジョエル・ロブション」にてデセールを担当。

昆布シェフの手で一粒ずつ丁寧に作られる、フランス菓子の伝統と自由なクリエイションを織り交ぜた、世界最高峰のミニャルディーズをお楽しみください。

多すぎて選べない!

店頭ショーケースでは、焼菓子・生菓子を含め、常時40種ほどのミニャルディーズをご用意。

サイズ感がチョコみたいで可愛い◎

イートインでカフェグルマンセット

店頭のミニャルディーズ(2個または3個)とドリンクのセット。

今回は3個セットをオーダー。 左から「タルト フリュイ(季節のフルーツ)」「エテ」「ヴェール」です。

紅茶は高知県産「べにふうき」 イギリスのブレンドティーとは対照的で、透明感のある紅色が美しいアッサム系の茶葉です。

「左側から順番にお召し上がりください」とスタッフさん。
「さっぱり→濃厚」な味わいを楽しむためのコツです。

特筆すべきは、その構成要素の多さ。
ひとつまみサイズにも関わらず、10種類近くの生地・クリームが繊細に重なり合い、絶妙なバランスで調和しています。

テイクアウトやお土産にも!

オリジナルのタンブラーや、会員限定の焼き菓子のアソート。

すべてのミニャルディーズはもちろん、ドリンクもテイクアウトできます。

まだデカいケーキ食べてるの?

渋谷「The SG Club」のペアリングイベントで昆布シェフのファンになりましたが、お店に行って大正解でした。

イートインは4名様限定のため、事前のご予約がおすすめです。
東京に行くたびに通って、いつか全種類制覇したい。

【営業時間】
11:00~19:00 (イートインL.Oは18:00)

Tel:03-5778-6161

今回ご紹介したお店

店名 UN GRAIN(アン グラン)
住所 東京都港区南青山6-8-17 プルミエビル1F
エリア 南青山
アクセス 東京メトロ「表参道」B1出口より徒歩9分
定休日 水曜
地図 表示する(Google Map)
食べログ 表示する(外部サイト)
Instagram @ungrain_tokyo