空飛ぶマンガ喫茶!タイ航空A380「ロイヤルファーストクラス」搭乗記(前編)

飛行機好きの憧れ、タイ国際航空 A380-800 ロイヤルファーストクラス(バンコク-大阪)に乗ってきました。

タイ国際航空 ロイヤルファーストクラスとは


タイ王国のナショナル・フラッグ・キャリア、タイ国際航空が誇るおもてなしの最高峰。
最新のシートは世界最大の旅客機「エアバスA380-800」に設定されています。

参考:ロイヤルファーストクラス | タイ国際航空

ANAマイルで発券可能


タイ航空のファーストクラスは日本発着の便の中で、ANAマイルで搭乗できる最短経路のファーストクラスです。
ANAに比べて空席が多く、「人生で一度はファーストクラスに乗ってみたい」という方にもおすすめ。

往復で約10万マイル必要


2018年冬期スケジュール(2018年10月28日~2019年3月30日)で、成田便を検索してみると、往復で105,000マイル
「ソラチカカード」を保有する陸マイラーなら、わずか半年で貯まるマイル数です。

なお、関空便のA380運航は2018年10月27日で終了したため、現在ファーストクラスの設定はありません。
追記:2019年夏季スケジュールより再開しています。

現金で購入すると約42万円


同じ旅程をスカイスキャナーで検索した結果。
これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだと思いますが、ぜひANAマイルを貯めて、お得に特典航空券を発券しましょう。

スワンナプーム空港でチェックイン


バンコクのスワンナプーム国際空港に到着したら、まずはファーストクラス専用チェックインカウンターを目指します。


「Royal First」の文字が目印。


豪華ソファーに座ったままチェックインができます。


チェックインしてるだけなのに、水が出てきます。

巨大な空港をカートで疾走!


手荷物検査と出国審査もファーストクラス専用のレーンでサクッと済ませ、カートに乗ります。


ビジネスクラス用「ロイヤルシルクラウンジ」の横をものすごいスピードで走り抜けます。

「ロイヤルファーストクラスラウンジ」に到着


スワンナプーム国際空港の最上級ラウンジ。
英・スカイトラックス社「ベスト・ファーストクラス・ラウンジ(Best First Class Airline Lounge)」にて過去3度、第1位に輝いています。


カラフルに並べられたソファーのクッションが美しい。


英国御用達「トワイニング(TWININGS)」のアールグレイをいただきました。
食事もオーダーできますが、機内食が食べられなくなりそうなので、やめておきました。

タイ航空の名物「ロイヤルオーキッドスパ」


ファーストクラス搭乗者は、1時間の全身スパトリートメント、ボディマッサージが無料という、前代未聞のサービスがあります。
(*ビジネスクラスは30分間のマッサージ)


ファーストクラス搭乗客には「Royal First Zone」が用意されており、優先的にマッサージを受けることができます。


全身スパトリートメントが満室だったため、こちらで首・肩とフットマッサージを受けました。
超快適なので、ラウンジでの食事よりもマッサージを優先することをオススメします。

再びカートに乗って搭乗口へ


搭乗時刻になると、スタッフさんがラウンジ内に呼びに来てくれます。
ギリギリまでラウンジで時間を過ごしての最終搭乗。まさに「逆優先搭乗」です。


A380は総2階建ての超大型旅客機。
ファーストクラスは2階前方へつながるボーディング・ブリッジへ。

後編はこちら:
空飛ぶマンガ喫茶!タイ航空A380「ロイヤルファーストクラス」搭乗記(後編)






■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの25選

2019年に買ってよかったもの32選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行の便利グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ