世界のパティシエ・辻口博啓の傑作!石川県立美術館「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」のセラヴィが絶品

石川県立美術館のミュージアムカフェ「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」に行ってきました。

JR「金沢駅」よりタクシーで11分ほど


「21世紀美術館」や「兼六園」からも徒歩5分ほどで、アクセス抜群。
入り口にカフェの看板は無く、隠れ家感があります。

これぞアートの街・金沢


兼六園から繋がった広い庭園を、一面ガラス張りの窓から、ゆったりと見渡せるラグジュアリーな空間。


連日大盛況ですが、平日のお昼は10分待ちで入店できました。

日本が世界に誇るパティシエ・辻口博啓


辻口博啓(つじぐち ひろのぶ、1967年-)は、石川県七尾市出身のパティシエ。


本場フランスで修行を重ね、モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。


「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」は、辻口氏の故郷、能登や金沢の天然素材にこだわったブランドです。

ショーケースからスイーツを選ぶシステム


まずはショーケースに案内されるので、お気に入りのスイーツを選びましょう。


発酵バターをたっぷり使ったサクサク食感のクロワッサンも大人気だとか。

傑作スイーツ「セラヴィ」が残っていたらラッキー


セラヴィとは、フランス語で「人生」の意味。
1996年「ソペクサコンクール(仏大使館主催の仏菓子コンクール)」で見事優勝を勝ち取った、辻口氏の代表作。


フアッフアに柔らかいホワイトチョコのムース!


中には、ピスタチオのスポンジとフランボワーズのムース。
まろやかな甘さと、ちょっぴり切ない酸味は、まさに人生そのもの。

木漏れ日が差し込む優雅なティータイムを


飲み物はホットのダージリンをオーダー。
インド・マカイバリ茶園の「ヴィンテージ・マスカテル」は、非常にフルーティーな味わい。


サービスとして、小さくカットされた「大麦バウム」も。
大麦のコシヒカリこと、小松産の六条大麦を使用した、こだわりのバウムクーヘン。

金沢で世界最高峰のスイーツを楽しもう


金沢に旅行の際は、ぜひ立ち寄ることをおすすめします。
ちなみに、セラヴィは自由が丘「モンサンクレール」でも味わうことができます。

※超人気スイーツのため、売り切れの際はご容赦ください。

【営業時間】
10:00~19:00(L.O.18:30)

今回ご紹介したお店
店名 ル ミュゼ ドゥ アッシュ 金沢店(LE MUSĒE DE H)
住所 石川県金沢市出羽町2-1 石川県立美術館
エリア 金沢
アクセス JR「金沢」よりタクシーで11分
定休日 なし
食べログ 表示する(外部サイト)
Instagram @le_musee_de_h





■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの28選

2019年に買ってよかったもの18選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ