ANA SFCで入室可!フランクフルト空港のルフトハンザ航空「セネターラウンジ」は使い勝手抜群

ドイツ・フランクフルト空港のルフトハンザドイツ航空「セネターラウンジ(Senator Lounge)」に行ってきました。

ターミナル1・ゲートB43付近へ

今回はFRA(フランクフルト)→KBP(キエフ)に搭乗するため、シェンゲン協定外の「セネターラウンジB」へ向かいます。


細かいことは置いといて、頭上の案内板に従って行きましょう。

ルフトハンザのラウンジは3ランク


フランクフルト空港内、ルフトハンザドイツ航空のラウンジは、以下の3ランクがあります。

  • ファーストクラスラウンジ
  • セネターラウンジ
  • ビジネスラウンジ

セネターラウンジは「ファーストには及ばずとも、ビジネスよりはワンランク上」という不思議な位置付けのラウンジです。

スターアライアンスゴールドメンバーなら利用可能


今回のようにエコノミークラスに搭乗する場合でも、スターアライアンスゴールドメンバーであれば、セネターラウンジを利用できます。


「スターアライアンスゴールド」の資格は、ANAの上級会員(プラチナメンバーまたはSFC会員)になることで取得可能。
つまり、日本在住者でも比較的簡単に取得できます。

シュッとした内装!


スタイリッシュ、それでいて無骨。
これぞドイツ。


開放感がすごい。
いかにもデキそうなビジネスマンが仕事してます。


ルフトハンザ機もしっかり見えます。
飛行機好きにとっては重要なポイント。


ドイツが誇る高級時計メーカー「GLASHÜTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)」の世界時計が並びます。

ドリンク&料理も充実


もはやファーストクラスラウンジと言ってもいいレベルですね。


ドイツを代表するビール「Beck’s(ベックス)」と「Franziskaner Weissbier(フランツィスカーナー・ヴァイスビア)」
個人的には後者が好き。


ミュンヘンで創業、バイエルン王室御用達「Eilles(アイレス)」の紅茶。
日本には上陸しておらず、なかなか見ることのないブランドです。


左から、味噌汁、マッシュルームのソテー、ベイクドビーンズ。
フランスの名門ブランド「STAUB(ストウブ)」のホーロー鍋がかっこいい。


「竹の香り」


白ワインをキメてしまいました。
(注)午前7時です。

搭乗前のシャワータイム

レインシャワー&ハンドシャワー。
海外あるあるですが、脱衣スペースとの境界があいまいすぎて、床がビッチャビチャになります。

L’OCCITANE(ロクシタン)のボディーソープとシャンプー。香りが最高。

なぜかドライヤーが微妙で、安いビジホみたいな備え付けタイプ。
ぜんぜん乾かねぇ。。

広々とした洗面台


ひとつひとつにペーパータオルが付いています。
ゆっくりと歯磨きしたい人には最高の環境。


ハンドソープもロクシタン。
柑橘系の爽やかな香り「ヴァーベナ」シリーズです。

仮眠室もあります


誰が見てもわかる仮眠マーク。


簡易ベッドが置いてありました。
もはやラウンジ内で生活できそうです。

有料でスパもあるぞ


こちらは「Senator Spa(セネタースパ)」
さすがに無料ではありませんが、フライトまで時間が余りまくっている方はどうぞ。

使い勝手の良いおすすめラウンジ

「スターアライアンスゴールド」で入れるラウンジの中では、世界トップクラスのクオリティーだと思います。

これだけの設備があれば、6時間を超えるトランジットでも安心。
またリピートしたい。

タイトルとURLをコピーしました