日本初進出!大阪・心斎橋「W Osaka」プラチナエリート宿泊記

大阪・心斎橋のラグジュアリーホテル「W Osaka(ダブリュー・オオサカ)」に宿泊してきました。

大阪メトロ「心斎橋」より徒歩5分


御堂筋沿いの超好立地!
大阪が世界に誇る巨匠・安藤忠雄氏によるスタイリッシュな外観が目を引きます。

日本初のWホテル誕生


2021年3月16日開業!
「W Hotels(ダブリュー・ホテル)」は米マリオット・インターナショナルが手がける最高級ホテルブランドのひとつ。


1998年にNY・マンハッタンにて誕生し、現在は世界各国50以上の都市で展開。
「ウェスティン」よりも若い年代をターゲットに開発され、平たく言うと“ラグジュアリーにしてイケイケ”なホテルです。

1泊40,000ポイントで宿泊


ポイント宿泊する場合は、1泊40,000~60,000ポイント(カテゴリー6)です。
今回はオフピークのため、40,000ポイントで交換しました。
日本円の場合は、1室60,000~100,000円程度。

3Fロビー「LIVING ROOM」


W Osakaの“コア(心臓部)” と位置付けられた「LIVING ROOM」。
ロビーラウンジとバーが一体になったエネルギッシュな空間は、これまでのホテルの常識を覆すユニークでエッジの効いたスタイル。


ごっさファンシーなチェックインカウンター。


名前の「W」の由来は「Whatever/Whenever(お望みの物を/お望みの時に)」というサービス理念。

14F「スペクタキュラー・キング」


スイートを除くゲストルーム内では最上位の「スペクタキュラー・キング(42㎡)」にアップグレードしていただきました。


景色がやべえ(語彙力)

リビングルームのご紹介


キングベッドはマリオット御用達、米国シモンズ製。
明日を大切にする人たちに選ばれ続ける「人生が変わるマットレス」をあなたに。


ベッドサイドには、米国「チボリ・オーディオ」のBluetoothスピーカー。
「ブルガリホテル・ミラノ」「ザ・リッツカールトン」をはじめ、世界の5つ星ホテルが認める名門ブランドです。


草間彌生ばりにカラフルな「こけし」


日本が世界に誇るシャープ「AQUOS」の55インチ液晶テレビ。
ポールにくっついてるだけなのに、コード類が一切見えないのが素晴らしい。


ソファーの上にはKawaiiクッション。
足元にUSB-Aの充電ポートがあり、テーブルで作業するときに大活躍しました。

ミニバーの飲み物


Wホテルの大切な文化のひとつである、カクテルカルチャーを体現した「Wミックスバー」が設置されています。
*水、紅茶、コーヒー以外は有料。


W大阪オリジナルのシェーカーが可愛い!
世界中のバーテンダーに愛される日本の老舗「YUKIWA」製。


引き出しにはスナック菓子やドライフルーツ、ネスプレッソのカプセル、TENGAプロデュースの避妊具など。


紅茶はロサンゼルス発のオーガニックティーブランド「Art of Tea」を採用。
これであなたもポップでキッチュな西海岸マダムスタイル。


冷蔵庫は引き出し式。
ペプシが600円するのでご注意を。


創業300年「能勢酒造」によるノセ・ナチュラルウォーター。
バキバキに常温なので、冷やしてから飲むと良いです。


Kawaiiマグがかわいい。

バスルーム/ウェットエリア


開放感抜群のバスルーム。
白の洗面台、バスタブが並んでいます。素敵。


グッドルッキングなビューバス。
ただし、外からは丸見えのため、ファビュラスなマシュマロヒップを見られたくない方は、ブラインド操作をお忘れなく。


ボディクリーム&フェイスウォッシュ。


ゆったりとしたシャワールーム。
ハンドシャワーとレインシャワーの2種類あります。ハンドシャワーは海外でよく見かけるストレートタイプで、若干使いにくいかも。


バスアメニティは、イタリア・パルマ生まれのナチュラルヘアケアブランド「Momo」。


フワッフワの今治タオル。
Wホテル別注だけあって、分厚くモコモコで高級感があります。


ドライヤーは美容家電ブランド「SALONIA(サロニア)」を採用。
髪に優しく、ドライ時間が30%も短縮できる優れモノ。

「LIVING ROOM」でカクテルを


昼とはガラッと雰囲気が変わり、ハウスミュージックが鳴り響く、大人のためのラグジュアリー空間。


「リビングルーム “G&T”」
(ヘンドリックス ラベンダー、胡瓜、メディタレーニアン トニックウォーター)


「W ゾンビー」
(スパイスラム、ダークラム、ライトラム、アプリコットリキュール、パイナップル)

3F「Oh.lala…」で朝食を


朝食は3Fのフレンチレストラン「Oh.lala…(オーララ)」にて。
「アジアのベストレストラン50」に選ばれた、大阪・本町「La Cime(ラシーム)」の高田裕介シェフがメニューを監修しています。


東向きで、ホール全体にあたたかい自然光が広がります。
半逆光で料理を美味しく撮影できてGOOD。


メニューは以下の4種類。

  • アメリカンブレックファスト
  • 日本の朝ごはん(和朝食)
  • デトックスブレックファスト
  • コンチネンタルブレックファスト

ビュッフェスタイルではなく、全て席までサーブしていただけます。

プラチナエリート特典で朝食は無料


フレンチレストランのため、洋食がおすすめとのことで「アメリカンブレックファスト(4,800円・税サ込)」をチョイス。


前菜3種盛り。
左から、ミューズリーヨーグルト、シャーレサラダ、スモークサーモン。


ベーカリーは種類豊富。
Wらしいカラフルなラインナップが可愛い。


W大阪のシグネチャーメニュー「エッグベネディクト」は、アボカド&カンパーニュ(フランスの田舎風パン)付き。
ハーブ鶏の卵は、驚くほど黄身が赤くて濃厚。


季節のフルーツ盛り合わせ&ホットティー。
陽光が気持ち良すぎて、ランチが始まる11:30までチルしてしまいました。

温水プールもあるぞ


4F「WET DECK」
1滞在あたり大人1名様につき6,325円です。
*プラチナエリート以上の資格を持つ本人のみ無料で入場可能。


プールから窓越しに面する中庭。
夏は窓を全開にしてプールから自由に出入りできる予定とのこと。


プールバー「WET BAR」も夏季限定でオープン予定です。
ピットブルのMV的な世界観。

ジムは24時間オープン


4Fにあるフィットネスジム「FIT」
ピクトグラムのネオンは、道頓堀のグリコからインスピレーションを受けたもの。


最新のトレーニングマシンに加えて、サンドバッグやヨガルームも併設。
これが24時間使えるのはアツい。

1Fスイーツカフェ「MIXup」


御堂筋に面する1Fのスイーツカフェ「MIXup(ミックスアップ)」
パティスリー界のピカソこと「ピエール・エルメ・パリ」とコラボしたスイーツを楽しめます。


「Rock “n” roll(ロックンロール)」
ローズマスカルポーネクリーム、ラズベリー、ライチの上品な味わいの四角いシューロール。


紅茶はロサンゼルス発「Art of Tea」のラズベリーネクター。
爽やかで甘美なブレンドがたまらない。アールグレイも有名らしいので次回は飲みたい。

ゆったりと16時チェックアウト


朝食→昼寝→お茶→のんびりの大満足ルーティンで、レイトチェックアウトしました。
日本で「Wホテル」を楽しめるのは大阪だけ!

Marriott Bonvoyのゴールドエリートが付帯する「SPGアメックス」のご紹介プログラムをご希望の方は、LINE公式アカウントよりご連絡ください。