クラブラウンジで1日5食のフードファイト!「ザ・リッツ・カールトン大阪」プラチナエリート宿泊記

大阪・西梅田の5つ星ラグジュアリーホテル「The Ritz-Carlton Osakaザ・リッツ・カールトン大阪)」に宿泊してきました。

大阪メトロ「西梅田」北改札より直結

大阪駅から地下直結なので雨でも便利。
「ハービスENT」を越えたところの「ハービスOSAKA」西棟にあります。

日本第1号の「ザ・リッツ・カールトン」ブランド

1997年5月開業。
20周年(2017年)を機に、全292の客室が改装され、クラシックな雰囲気はそのままに、近代化も図られたラグジュアリーホテルです。

インテリアコンセプトは「18世紀の英国貴族の邸宅」。
大阪の中心地にありながら、一歩足を踏み入れると、そこはゆったりと時間が流れるアメージングでヘヴンリーな空間。

クラブレベルに宿泊しよう

「ホテルの中のホテル」ともいわれるザ・リッツ・カールトン・クラブレベル。
クラブレベル(クラブフロア)宿泊者は、34F「クラブラウンジ」にて、1日5回のフードプレゼンテーションを楽しむことができます。

プラチナエリート特典は以下。

  • 朝食30%優待(2名様まで)
  • オーナーバーで利用できる2,000円のクレジット
  • グルメショップで利用できる2,000円のクレジット
  • インルームダイニングで利用できる2,000円のクレジット
  • スパトリートメントの15分延長優待

*クラブラウンジへのアクセス、無料朝食はプラチナエリート特典には含まれないため注意。

1泊50,000ポイントで宿泊

ポイント宿泊する場合は、1泊50,000〜70,000ポイント(カテゴリー7)です。
これに加えて、クラブレベルに宿泊するには、ポイント予約後に電話で有償アップグレードをリクエストします。

室料35,000円+サービス料5,250円で、クラブレベルにアップグレードしました。
ざっくり言うと、5万マリオットポイント+キャッシュ約4万円で、クラブラウンジへのアクセス権をゲットです。

33F「クラブデラックス」にチェックイン

電話の予約段階では「クラブスーペリア」でしたが、角部屋の「クラブデラックス」にさらにアップグレード。定価約100,000円也。

こちらは「オットマン(Ottoman)」
もともとはオスマン帝国で用いられていた、背もたれがないソファが18世紀頃にイギリスへと伝わったもの。ちなみに、用途はよくわからない。

大きな窓を備えた角部屋からは、2方向のシティービュー。
広々としたデスクとチェアは窓に面しており、英国貴族気取りでノマドワークも楽しめます。

カーテンの開閉はボタンでワンタッチ。

地上40階、高さ173mの「梅田スカイビル」をほぼ真横に眺めるスタイル。

ミニバーの飲み物

50mlのウイスキーミニチュアボトルが2,400円/本(税サ込)。
物価が狂ったかな?

シンガポールの名門「TWG」のティーバッグ。
こちらは無料で楽しめるのでご安心を。

バスルーム/ウェットエリア

今回の記事はフードファイトがメインなので、部屋はサクッといきます。
ダブルボウルの洗面台は女子2人旅にも◎

アメニティは英国王室御用達ブランド「Asprey(アスプレイ)」を採用。

フランス・ブルターニュ産のバスソルト。

ドライヤーは意外と普通のパナソニック。

バスタブにテレビが付いてます。
長風呂不可避。

リビングルームのご紹介

ベッドの向かいには、パナソニック「VIERA」の55インチ型テレビ。

テレビ台を開くと、SONYのDVDプレイヤーが登場。

フッカフカのベルベット生地のソファ。
こちらのオットマンは、足を乗せてフットスツールとして使いましょう。

ウェルカムフルーツの巨峰。
そして、京都の老舗・鼓月が世界に誇るマスターピース「千寿せんべい」。最高では?

いよいよクラブラウンジへ

ここからが本題。
Marriott Bonvoyのプラチナエリート以上の上級会員でも無料利用ができない、格式高い34F「クラブラウンジ」へ。

「ザ・リッツ・カールトン」のクラブレベル宿泊者のみが入室できる、セルフィッシュでアイデンティファイな空間。

混雑時でなければ、基本的にどこに座ってもOK。
コロナ禍でゲストも少なく、広々とした空間を楽しめました。

クラブラウンジでは、1日5回のフードプレゼンテーションが無料で楽しめます。
それでは、気合いを入れていきましょう。

1食目:アフタヌーンティー

絵に描いたような英国貴族のアフタヌーンティーからスタート。
ちなみに、14:30~16:30の開催なので、15時頃にはホテルにチェックインしましょう。

コンシェルジュさんのご厚意で、追加のおつまみプレートまでいただきました。

泣く子も黙る「ピエール・エルメ・パリ」のマカロン。
ピンクはライチとローズ風味の「イスパハン」、黄色は「シトラス」です。

このモチモチ感、おわかりいただけるだろうか。
(伝えたくて切ったらぐちゃぐちゃになった)

英国の老舗紅茶「テイラーズ・オブ・ハロゲイト」より、ザ・リッツ・カールトン大阪オリジナルラベルのアールグレイをストレートで。

クランベリージュースで〆。
3段スタンドがボリューム満点の糖質爆弾で、すでにお腹いっぱい。

2食目:夕食前の前菜

17:30~19:30は夕食前のオードブル(という名のディナー)。
言うまでもなく、さっきのスイーツが胃で暴れてます。

細かいことは置いといてビール。

メニューは日替わりらしいですが、本日はミートボール。

超ミルキーな冷製コーンスープ。

白ワインの王様「シャルドネ」
生ハムとオリーブを合わせて。

スパークリングワイン(2時間ぶり2杯目)

ブルーベリーチーズケーキで〆。
マスカルポーネがウマい。

3食目:スイーツ&コーディアル

恐ろしいことに、このまま「夜のおやつタイム」に突入します。
コロナ禍のため、19:30~20:30の開催。(12歳未満は入室不可)

ピエール・エルメの焼き菓子「ダコワーズ マチルダ」。
関係性で言うとマカロンの先祖らしい。それモナカやないかい。

モナカの子孫(3時間ぶり3個目)
濃厚なビターガナッシュクリームが詰まった「ショコラ アメール」です。

英国の老舗紅茶「テイラーズ・オブ・ハロゲイト」より、ザ・リッツ・カールトン大阪のオリジナルブレンド。
夏摘みのセイロンティーがベースで、程よいコクがあり、ド直球ストレートに美味しい。

番外編:カクテル祭りスタート

スイーツ&コーディアルの時間は、もちろんアルコールもOK。
ここからカクテルラバーの本気を見せたいと思います。

マンハッタン

アルコール度数:★★★★★
カクテルの女王「マンハッタン」から。
濃厚でしっかり美味しい。あとで5階のメインバーに行こうかと思ってましたが「行かんでええやん」ってなりました。

ネグローニ

アルコール度数:★★★★★
イタリアの伊達男御用達。
カンパリ、ベルモット、ドライジンの「酒×酒×酒」カクテル。大好き。

ヴェスパー・マティーニ

アルコール度数:★★★★★
これぞ浪速のジェームズ・ボンドスタイル。
かれこれチェックインしてから10杯以上飲んでると思います(白目)

見かねたコンシェルジュさんが、酒の肴にピーナッツを持ってきてくれました。

「よろしければお部屋でどうぞ」と、黒ゴマおかきもいただきました。おやすみなさい。

部屋に戻ると驚きのホスピタリティ

地面に放り出していたAnkerのライトニングケーブルが、レザーバンドで丁寧にまとめてありました。
高級ホテルでも、ここまでのターンダウンサービスは初体験。恐れ入りました。

ベッドサイドにはお水とグラス。
それにしてもペットボトルのジャケがかっこいい。

さりげなくオリジナルのチョコレートも追加投入するあたりニクい演出。

ベッドサイドの床には、マットとスリッパ。
至れり尽くせりとはこのこと。

番外編その2:部屋飲み

盛り上がってまいりました。
プラチナエリート特典「ミニバー2,000円クレジット」を使って、山崎12年のミニチュアボトル(2,400円/本)をキメちゃいます。

ブリーゼブリーゼ裏のセブンイレブンで、強炭酸水を買ってきてハイボールに。
このあとしっかり気絶しました。

4食目:朝食

会場に着くなり、阿吽の呼吸でスパークリングワインがサーブされます。
体育会系の合宿かな?

朝食のフードプレゼンテーションのみ、34F「クラブラウンジ」ではなく、1F「スプレンディード」で提供されます。

ブッフェ形式のモーニング。
卵料理はシェフがその場でアツアツクッキングしてくれます。

洋食あり。

和食あり。

パンあり。

米あり。

フルーツあり。

湯豆腐あり。

お察しの通り、胃が限界なので、控えめに盛りました。
洋食と見せかけて、画面手前にシャケを忍び込ませるスタイル。

昨日から思ってましたが、コーンスープがめちゃくちゃウマい。

ここぞとばかりに和食で胃を落ち着かせます。

これ、黒豆の納豆なんです。
こういうのでいいんだよ感。素晴らしい。

朝食にはイングリッシュブレックファースト。
もはやリッツ大阪の紅茶をコンプリートする勢い。

オリーブオイルがいちいちカッケェ。

5食目:軽食

信じられないかもしれませんが、10:30に朝食が終わり、11:00から軽食がスタートです。
息をするようにスパークリングを飲みます。

ザ・リッツ・カールトン大阪の5Fには「香桃(シャンタオ)」という広東料理のレストランがありますので、中華のクオリティは折り紙付き。

プリップリの海老蒸し餃子。

こちらは「カスタードまん」とでも言いましょうか。生地が白いのでカロリーゼロ。

かき卵と牛肉のスープ。
王将の2000倍くらい上品な味がします。

醤油やきそば。
博多ラーメンのような細麺で、王将の2000倍(以下略)

完飲。
全5食のフードファイト、これにて終了。

食後はプールとジムへGO

6F「スパ&フィットネス」で胃をこなします。
宿泊者はプール・ジム・ジャグジーを無料で利用可能。

屋内プールは20mのコースが3本。
リラックスというより、ガチで泳ぐスタンスですね。

プールサイドには温水ジャグジー。

屋外にも温水ジャグジー。
寒い時期でも、しっかり温かいので、露天風呂として使えます。

こちらはジム。
ランニングマシンの数がすげえ。

メトロンブログを見て鍛えましょう。

ロッカールームの洗面台。
フィットネスセンターとは思えないほど、クラシカルでトラディショナルな面構え。

6食目:アフタヌーンティー(24時間ぶり2度目)

いやいや、ちょっと待て。
コンシェルジュさん曰く、「プラチナエリート」以上の上級会員であれば、最大16時までのレイトチェックアウトが認められた場合、もう1度アフタヌーンティを利用できるとのこと。(驚愕)

心の声「もうお茶はええ。。」

満腹でチェックアウト

まさか「ザ・リッツ・カールトン」でフードファイトをする人生になるとは思いませんでしたが、グルメ&酒&ホテル好きは、一度経験しておいて損はない極上のステイケーションだと思います。

マイラー御用達のSPGアメックス。
年会費34,100円(税込)ですが「年に一度は贅沢にホテルステイしたい!」という方は発行しておいて損はないでしょう。

*2022年2月より「Marriott Bonvoyアメックスプレミアム(年会費49,500円)」に変更となりました。

Text & Photo by 酒田しんご(@jugglershingo