リーズナブルでおしゃれな体験型ホテル!大阪・福島「モクシー大阪新梅田」プラチナエリート宿泊記

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

大阪・福島のブティックホテル「モクシー大阪新梅田(Moxy Osaka Shin Umeda)」に宿泊してきました。

JR「福島」より徒歩5分ほど

JR環状線「福島」の改札を出て、左にまっすぐ!
梅田スカイビルも徒歩圏内です。

モクシー大阪新梅田の基本情報

ホテル名MOXY Osaka Shin Umeda
開業年2020年
ホテルグレード★★★★☆
立地
ラウンジなし
プールなし
ジムあり
プラチナ無料朝食あり
メリットコスパが良く、カジュアル。デザイン性が高く、若者にはぴったり。
デメリット部屋の広さ、手厚いホスピタリティは期待できない。
評価70点
この記事の著者
酒田しんご

プロジャグラー。
「7ボールジャグリング」の公式日本記録を保持。京都にてロングラン公演中のノンバーバルシアター『ギア-GEAR-』レギュラーキャスト。

国内3ヶ所目の「モクシー」誕生


2020年9月1日開業!
「Moxy Hotels(モクシー・ホテル)」は米マリオット・インターナショナルが手がけるホテルブランドのひとつ。


MOXY(moxie)とは“勇気・元気・ファイト”等を意味する俗語で、「節約志向の旅行者向けブティックホテル」がコンセプト。
個性的かつスタイリッシュなデザインで、ミレニアル世代を主要なターゲットとしています。


国内では「錦糸町(東京)」「本町(大阪)」に続き、3ヶ所目のモクシーブランドとなります。

1泊17,500ポイントで宿泊


ポイント宿泊する場合は、1泊20,000〜30,000ポイントです。

宿泊ポイントは変動制のため、予約時期によって異なります。

今回はポイントセーバー利用で、17,500ポイントで交換しました。
備考:通常1室10,000円前後なので、キャッシュで予約するのがおすすめ。

チェックインは「BAR」で


あえてフロントデスクは存在せず、ゲストは「バー・モクシー」でカクテルを楽しみながらチェックインします。

ウェルカムドリンクは、モクシーのシグネチャーカクテル「モクシースライム」をどうぞ。(ノンアルコールも可)

「スタンダード・クイーンルーム」にチェックイン

今回の客室番号は924。
アップグレードはなく、予約通りのお部屋です

モクシーの客室タイプは、スタンダードツイン(20㎡)、スタンダードクイーン(20㎡)、スーペリアクイーン(25㎡)の3タイプしかありませんので、客室アップグレードはあまり期待できません。

広さ的には、一人暮らしのワンルームといったところでしょうか。

めっちゃ福島シティービューなので、部屋からの眺めは期待しないでください。

ベッドルームのご紹介

クイーンサイズのベッドはマリオット御用達、米国シモンズ製。
明日を大切にする人たちに選ばれ続ける「人生が変わるマットレス」をあなたに。

Panasonic製、42インチの薄型液晶テレビ。

引き出しにはモルモン書。
創業者のJ・ウィラード・マリオットは、モルモン教徒で、生涯タバコも酒も嗜まず、巨富を築いた後も質素な生活を続けたことで知られています。

イスや丸テーブルは壁にかかっており、スペースを有効活用できるようになっています。

全部展開するとこんな感じ。
サクッとご飯を食べたり、作業をするには十分です。

サイドボードの電話がレトロで可愛い。

コンセントはUSB-Aにも対応。

ファブリックミストはモクシーのオリジナル。

バスルーム/ウェットエリア

シンプル・イズ・ザ・ベストな洗面台。

日本のブランド「dretec(ドリテック)」製の電子ケトル。

アメニティーは以下の5種類。

  • 歯ブラシ
  • カミソリ
  • くし
  • コットン
  • 綿棒

必要最低限なので、化粧水は持参した方がいいです。

ドライヤーはヴィダルサスーン製。

超シンプルなシャワールーム。
レインシャワーとハンドシャワーがありますが、バスタブはありません。

レインシャワーとハンドシャワーは切り替え式。
(同時には出せないタイプ)

ボディウォッシュはグレープフルーツ、シャンプーとコンディショナーはベルガモットの香り。

メタルチェアーとスリッパ。

ミニバーの飲み物

超薄型の冷蔵庫!
500mlのペットボトルが3~4本入るかどうか。

ちなみに、水はチェックイン時にもらえます。

各フロアには共用のアイロンコーナーも


こんなバスローブでアイロンかけるヤツおらんやろ。

Bar Moxyでカクテルを

1FのBar Moxyは24時間営業
※朝食の時間(6:30~10:30)は宿泊者のみの利用

カクテルメニューはこちら。

オリジナルで別冊メニューもありました。

Rock Style – Strawberry

ストロベリーシロップの人工的な甘さがトップに出すぎて、ベースのウイスキーがあまり感じられず。。

ティラミスマティーニ

こちらもアルコールのパンチが足りず、コンビニスイーツを水に溶かしてシェイクしたようなカクテルです。

ココアパウダーがダマになってるのは良くないですね。
缶ビールを買って部屋で飲むことをオススメします。

夜の部屋がいい感じ

この部屋、お昼よりも夜の方が隠れ家っぽくて映えますね。

このライト家に欲しい。

朝食は1FのBar Moxyで

朝食はブッフェスタイル。
AM6:30〜10:30の提供です。

終了10分前に駆け込みましたが、まだバッチリ残ってます。

サラダはこちら。

めちゃくちゃ選べるドレッシング。

とにかく時間がないのでヨーグルトをキープ。

ビジュアルも楽しい、お洒落な「ドーナツBAR」も。

ドリンクバーならぬ「お茶漬けバー」

もちろんMISOスープも。

コーンスープ派の方はこちら。

コーンフレークとケロッグのチョコワ的なやつ。
血糖値を爆上げしたい方はぜひ。

ドリンクは以下。

  • アップルジュース
  • オレンジジュース
  • デトックスウォーター
  • 牛乳

和食なのか、洋食なのかわからない(ホテル朝食あるある)

ちなみに、AM10:30きっかりにブッフェが回収されますので、早めに起きましょう(反省)

トレイはセルフで返却式。
このあたりもMoxyらしくて良いですね、

開放的なロビーラウンジ


1Fロビーラウンジは、Bar Moxyでメニューをオーダーすれば、宿泊者以外でも利用可能。


サッカーゲームもあり、気分はアメリカのホームパーティ。


70年代の米国の名作ビデオゲーム「PONG」をリメイクした、最新版「TABLE PONG(テーブル・ポン)」

遊び心たっぷりのライブラリー・ゾーン


1Fライブラリー・ゾーンは、コワーキングスペースとしても最適。
コンセントとUSB充電ポートも完備。

もちろん高速Wi-Fiも。
ちなみに、このブログもここで執筆しました。


ポップでキッチュなインテリア。
かつて日本の電子産業を支えた“電気アーケード”として知られる「福島」を表現するアートが、ホテル館内のあちこちに散りばめられています。


逆さになったタコと、タコ焼き型の照明で大阪っぽさ炸裂!


大阪をモチーフにしたパネル。
よく見ると、太陽の塔、スカイビル、道頓堀のカニ道楽など。
ちなみに「LION」の文字は、ここが旧ライオン大阪ビルの跡地であることを示しています。

2F「フィットネスジム」


宿泊者は24時間利用可能!


コンパクトなジムですが、ランニングマシン、サンドバック、ダンベル、バランスボールなど、必要最低限かつ最新のフィットネス機器が揃っています。

窓から見える景色の遊び心がGood。

2F「コインランドリー」


ジムと同じフロアにはコインランドリー。
洗剤は自動投入式のため持参不要です。

ゆったりと16時チェックアウト

モクシー新梅田で、リーズナブルかつ、おしゃれな宿泊体験をどうぞ。
手厚いホスピタリティは期待できませんが、「とにかく自由に楽しく過ごしたい」という方には全力でおすすめします。

マイラー御用達の「マリオットアメックスプレミアム」
発行だけでゴールドエリート資格、年間150万円の決済で50,000ポイントの無料宿泊が付与されます。

年会費49,500円(税込)ですが「年に一度は贅沢にホテルステイしたい!」という方は発行して損はないでしょう。

\ もっともお得な発行方法は紹介制度 /

2024年2月現在、入会キャンペーンで最大45,000ポイントを獲得できます。
※3ヶ月以内に合計30万円以上のご利用の場合。

入会方法によってポイント数が変わり、もっとも多く獲得できるのは、保有者の紹介リンク経由での発行です。

公式サイト経由だと最大6,000ポイントも損してしまいます。

\ 発行方法ごとの入会ポイントの違い /
  • 紹介リンク:45,000ポイント
  • 公式サイト:39,000ポイント

お得にカードを発行したい!という方で、紹介リンクをご希望の方は以下のフォームに名前とメールアドレスを入力してください。

メールアドレス宛に紹介リンクをお送りいたします。

    マリオット宿泊記まとめ