リーズナブルでおしゃれな体験型ホテル!大阪・福島「モクシー大阪新梅田」プラチナエリート宿泊記

大阪・福島のブティックホテル「モクシー大阪新梅田(Moxy Osaka Shin Umeda)」に宿泊してきました。

JR「福島」より徒歩5分ほど


JR環状線「福島」の改札を出て、左にまっすぐ!
梅田スカイビルも徒歩圏内です。

国内3ヶ所目の「モクシー」誕生


2020年9月1日開業!
「Moxy Hotels(モクシー・ホテル)」は米マリオット・インターナショナルが手がけるホテルブランドのひとつ。


MOXY(moxie)とは“勇気・元気・ファイト”等を意味する俗語で、「節約志向の旅行者向けブティックホテル」がコンセプト。
個性的かつスタイリッシュなデザインで、ミレニアル世代を主要なターゲットとしています。


国内では「錦糸町(東京)」「本町(大阪)」に続き、3ヶ所目のモクシーブランドとなります。

1泊17,500ポイントで宿泊


ポイント宿泊する場合は、1泊20,000~30,000ポイント(カテゴリー4)です。
今回はポイントセーバー利用で、17,500ポイントで交換しました。
備考:通常1室10,000円前後なので、キャッシュで予約するのがおすすめ。

チェックインは「BAR」で


あえてフロントデスクは存在せず、ゲストは「バー・モクシー」でカクテルを楽しみながらチェックインします。

ウェルカムドリンクは、モクシーのシグネチャーカクテル「モクシースライム」をどうぞ。(ノンアルコールも可)

10F「スタンダード・クイーンルーム」(20㎡)


アップグレードはなく、予約通りのお部屋です。


家具は壁にかかっており、スペースを有効活用できるようになっています。
天井が高いので、圧迫感はありません。


丸テーブルも掛かってます。


全部展開するとこんな感じ。

リビングルームのご紹介


クイーンサイズのベッドはマリオット御用達、米国シモンズ製。
明日を大切にする人たちに選ばれ続ける「人生が変わるマットレス」をあなたに。


Panasonic製、42インチの薄型テレビ。


サイドボードの電話がレトロで可愛い。


下にはセーフティーBOXもあります。

ミニバーの飲み物


超薄型の冷蔵庫!
500mlのペットボトルが3~4本入るかどうか。


日本のブランド「dretec(ドリテック)」製の電子ケトル。

バスルーム/ウェットエリア


余計な広さなく、ちょうど良いスペースのパウダールーム。


アメニティーは、歯ブラシ、髭剃り、くし、綿棒など、必要最低限。
化粧水は持参した方がいいです。


超シンプルなシャワールーム。
レインシャワーとハンドシャワーがありますが、バスタブはありません。


ボディウォッシュとリンスインシャンプーのみ。


ドライヤーはヴィダルサスーン製。


パジャマは客室には置いてないので、1階の受付でもらいましょう。

各フロアには共用のアイロンコーナーも


こんなバスローブでアイロンかけるヤツおらんやろ。

朝食はセミブッフェのスタイル


基本となるプレートは、

  • AMERICAN(アメリカン)
  • MOXY POKE(モクシー・ポケ丼)

の2択。今回はポケ丼をチョイス。


キッチンからドドン!と提供されます。


ハワイを代表するローカルフード「ポケボウル」をモクシースタイルで。
白ごはんの上に、サーモン、アボカド、オクラ、枝豆がたっぷり乗っています。


ドリンクは、牛乳、アップルジュース、オレンジジュース。


フルーツやヨーグルトはブッフェ形式でご自由にどうぞ。


ビジュアルも楽しい、お洒落な「ドーナツBAR」も。


MOXY PICK UPは、ショーケースのドリンク類を時間帯問わず楽しめるコーナー。(有料)

開放的なロビーラウンジ


1Fロビーラウンジは、Bar Moxyでメニューをオーダーすれば、宿泊者以外でも利用可能。


Instagramの #ATTHEMOXY タグがリアルタイムで流れます。


サッカーゲームもあり、気分はアメリカのホームパーティ。


70年代の米国の名作ビデオゲーム「PONG」をリメイクした、最新版「TABLE PONG(テーブル・ポン)」


ソファでもゆったり寛げます。

遊び心たっぷりのライブラリー・ゾーン


1Fライブラリー・ゾーンは、コワーキングスペースとしても最適。
コンセントとUSB充電ポートも完備。もちろん高速Wi-Fiも。


ポップでキッチュなインテリア。
かつて日本の電子産業を支えた“電気アーケード”として知られる「福島」を表現するアートが、ホテル館内のあちこちに散りばめられています。


逆さになったタコと、タコ焼き型の照明で大阪っぽさ炸裂!


天井近くにも大阪をモチーフにしたイラスト。
よく見ると、太陽の塔、スカイビル、道頓堀のカニ道楽など。ちなみに「LION」の文字は、ここが旧ライオン大阪ビルの跡地であることを示しています。

2F「フィットネスジム」


宿泊者は24時間利用可能!


有酸素運動マシンやスピンバイク、サンドバック、ダンベル、バランスボールなど、最新のフィットネス機器が揃っています。

2F「コインランドリー」


ジムと同じフロアにはコインランドリー。
コイン投入制になっていて、1回30分100円になります。

ゆったりと16時チェックアウト


ポップコーンを食べながら、のんびりレイトチェックアウト。

モクシー新梅田で、リーズナブルかつ、おしゃれな宿泊体験をどうぞ。
手厚いホスピタリティは期待できませんが、「とにかく自由に楽しく過ごしたい」という方には全力でおすすめします。