隠れ家すぎて見つからない?京都・四条河原町「お酒と食事 うり」で京料理をしっぽり味わおう

京都・四条河原町の割烹「お酒と食事 うり」に行ってきました。

京阪本線「祇園四条」より徒歩8分ほど


藤井大丸からダッシュで1分。
御幸町綾小路を西に少し向かってすぐに「うり」と書かれた小さな看板があります。

細すぎる路地


ギリギリ2人で横に並んで歩けないレベル。
この細い路地を抜けると…


ひっそりとした一軒家のようなお店が登場。
隠れ家にもほどがある。

2018年11月オープン


店主の上門邦彦さん(愛称:もんちゃん)は、烏丸御池の人気店「にこみ 鈴や」で料理長を長年務めた後に独立。
ソフトな物腰で、多くを語らず、やさしい空気感にファンの多さも頷けます。


京都の旬の素材を生かした季節限定メニュー。
極限までこだわり抜かれたラインナップに期待が高まります。

絶品小料理のアラカルト

キリン一番搾り生ビール


まずはキンキンに冷えた「一番搾り」で乾杯。
よろこびがつなぐ世界へ、KIRIN。

ポテトサラダ


君はこれほど飾らないポテサラを食べたことがあるか?
余計な味付け、ごまかし一切なし。直球ポテトの一本勝負。

大根/しらたき/牛すじのおでん


おでんは大根からスタート。
異論は認めない。
カツオと昆布でとったダシは継ぎ足しなので、具の旨味がたっぷり。

ごぼ天/あつあげのおでん


京料理に欠かせない「厚揚げ」×福岡名物「ごぼ天」の東西コラボ。
ピリっとカラシを添えてどうぞ。

なす揚げ煮(+にしんなす)


こちらも江戸期より京都で愛されるニシンとナスの最強タッグ。夏にピッタリ。

とうもろこし天ぷら


シンプルだからこそ、店主・もんちゃんの繊細なテクニックの光る一品。
サックサクであっまあま。

お造り(甘鯛/はも/うに)


贅沢なお造り三種盛り。
甘鯛(あまだい)は京都では「ぐじ」と呼ばれ、京料理に欠かせない高級魚です。

はも天ぷら 実山椒ソース


先ほど炙りでいただいたハモを天ぷらでもどうぞ。
粉末の調味料にする前の「実山椒」は爽やかな香りと辛味が特徴。

カレーライス


リピーターに大人気の〆カレー。
お出汁が効いて、すじ肉と玉ねぎがシンプルでマイルドな絶品カレーです。

おでんだし茶漬け


〆のあとにラスボス登場。
節子、それ茶漬けやない。白米のおでんや。

誰にも教えたくない路地奥の隠れ家ここにあり


季節に合わせた旬の小料理を、お酒に合わせながら、しっぽりとどうぞ。
人気店のため事前の電話予約がおすすめです。

Tel:075-344-7899

【営業時間】
17:00~23:00(閉店)

今回ご紹介したお店
店名 お酒と食事 うり
住所 京都市下京区足袋屋町317-15
エリア 四条河原町
アクセス 京阪本線「祇園四条」より徒歩8分
定休日 月曜日
地図 表示する(Google Map)
食べログ 表示する(外部サイト)

created by Rinker
一番搾り
¥4,927 (2020/08/09 17:42:12時点 Amazon調べ-詳細)