メモ:泣く子も黙るメタファー集

オリジナルのメタファーを集めたネタ帳です。
*随時追加します。

  • 熟年夫婦が井の頭公園を散歩するように
  • 昼下がりの貴婦人が奏でるメヌエットのような
  • 炊き込みごはんをフォークの背に乗せたような
  • くたびれた下着を部屋干しするように
  • 伸びきったうどんに半熟玉子を絡めるような
  • 茹でたてのアスパラガスにマヨネーズをつけるような
  • 夏の終わりに背筋を伸ばすヒマワリのような
  • 退屈なフランス映画のエンドロールみたいに
  • セーターから覗く白いキャミソールのような
  • 色彩を持たない風が頬を撫でるように
  • 思慮深い少女がゆっくりと筆を取るように
  • 仮面の影に隠れた嘲笑のような
  • 深い洞察力を備えた夜行性の猛禽類のような
  • 機械仕掛けの古いおもちゃのように
  • ありあまる感受性をタイムカプセルに詰め込んだような
  • 寡黙な老人がやっとの思いで受話器を持ち上げたような
  • 焦げ付いた焼肉を端に避けるように
  • 粘り気を失いつつある納豆のような
  • 臆病な船乗りが家族に想いを馳せるように
  • 不勉強な医者が恐る恐るメスを入れるような
  • アイスクリームをレンジで温めるような
  • 壇上でブルースを歌う道化師のように
  • 夢と現実が共存する真夜中のハイウェイのような
  • まるで分別のある連続殺人犯のように
  • 決して鳴り止むことのないドラムロールのような期待感
  • 自分の夢にリボンをつけてプレゼントするような
  • 絢爛なペルシャ絨毯に牛乳をぶちまけたような
  • 高級な額縁で飾られた子どもの落書きのように
  • ひたむきに納豆を混ぜ続ける虚無僧のように
  • 心が雨漏りしているような
  • 雪解けを心待ちにするアルピニストのような
  • 政府がマフィアを一掃したあとの束の間の平穏みたいに
  • 濡れた指先で愛の手触りを確かめるみたいに
  • しかるべき情緒を漂わせて届いた手紙のような
  • 限りなく優雅に進化した爬虫類のように
  • 盛衰を繰り返した古代の王朝のように
  • まるで江戸の街火消しの強引な地元びいきのような
  • 大吉のおみくじをそっと財布に忍ばせるように
  • 日雇い労働者がささやかな幸せを手にするような
  • 滴り落ちる工夫のしずくが堆積した知恵の鍾乳洞のように
  • 恋人同士の象徴的なアイコンタクトのように
  • 胸の高鳴りを抑えて一歩を踏み出す少年のように
  • まるで絶望の淵に寄り添った希望のような
  • デリケートな温度管理を要する高級食材を純白のプレートに置くような
  • まるで遅れてやって来たサンタクロースみたいに
  • 出張の多い政治家みたいに
  • 笑顔で殴り合うギャングスタのような
  • 極めてエレガントに配置された牛フィレ肉のように
  • 緻密に熟成されたチーズみたいに
  • 楽観的な路上生活者のような
  • 冬の到来を告げるホットカーペットみたいに

参考:村上春樹大先生

  • 安定の悪いテーブルに薄いグラスをそっと載せるような(風の歌を聴け)
  • まるで夜明け前に死神と踊る不吉なダンスみたいに(海辺のカフカ)
  • 木の葉の間からこぼれる夏の夕暮れの最後の光のような(ダンス・ダンス・ダンス)
  • 上品な動物の清潔な内臓のひだのように(ダンス・ダンス・ダンス)
  • まるでカフェ・オ・レの精みたいに(ダンス・ダンス・ダンス)
  • あたかも妥当な場所に気のきいた装飾句を挿入するかのように(ダンス・ダンス・ダンス)
  • ひびの入ったダチョウの卵を温めるみたいな(ダンス・ダンス・ダンス)
  • ドイツ・シェパードが立ったまま一匹入りそうなくらい(ダンス・ダンス・ダンス)
  • アパートを改造した刑務所かあるいは刑務所を改造したアパートみたいな(ノルウェイの森)
  • 歯を一本一本とりはずして磨いてるんじゃないかという気がするくらい(ノルウェイの森)
  • 一昔前のポーランド映画みたいな(ノルウェイの森)
  • 内省的なピアニストが歳月をかけて磨き上げた短めのカデンツァを思わせる、自動的な優雅さ(スプートニクの恋人)
  • 曇り空をそのまま飲み込んでしまったような(スプートニクの恋人)
  • 広々としたフライパンに新しい油を敷いたときのような(スプートニクの恋人)
  • ジャン・リュック・ゴダールの古い白黒映画の台詞みたいに(スプートニクの恋人)
  • 畑の真ん中で誰かがつぶやいている牧歌的なひとりごとみたい(スプートニクの恋人)
  • なにか珍しい動力で作動する機械でも見るみたいに(スプートニクの恋人)
  • まるで傷つきやすい動物を扱うみたいに(スプートニクの恋人)
  • まるで詩人が句読点を整理するみたいに(スプートニクの恋人)
  • 峠の砦にこもったスパルタ人みたいに(スプートニクの恋人)
  • 異なった趣味と疾病を有する何人かの頑固な婦人たちが一堂に会して、ろくすっぽ口もきかずに作りあげたパッチワークみたいに(スプートニクの恋人)
  • 顔のない水夫が夜の海に沈んだ碇をゆっくりとたぐりよせるように(スプートニクの恋人)
  • 何らかの理由で時の流れに置き去りにされた古い世界の一角のように(スプートニクの恋人)
  • 限定された動きだけをもとめる深海の捕食生物のように(スプートニクの恋人)
  • 惑星が気をきかせてずらっと一列に並んでくれたみたいに(スプートニクの恋人)
  • 致命的に遅れている列車を待っている駅員のように(ねじまき鳥クロニクル)
  • 精神異常者の画家によって描かれた、この世には存在しないはずの想像上の光景のように(ねじまき鳥クロニクル)
  • 少し前に水をすっかり失ってしまった海底のように(ねじまき鳥クロニクル)
  • まるでセロリの筋をいっぱい集めてそのままどんぶりに入れた料理を見るような(ねじまき鳥クロニクル)
  • 行進する歩兵部隊に踏みつけられた草むらみたいな(1Q84)
  • そのへんにある何もかもをお盆に載せてもっていきたくなるような(国境の南、太陽の西)
  • 風のない日に静かに立ちのぼる小さな煙のような(国境の南、太陽の西)
  • 気取ったフランス料理店の支配人がアメリカン・エクスプレスのカードを受け取るときのような(国境の南、太陽の西)
  • まるで噂でしか聞いたことのない極めて珍しい精密機械を前にしたときのように(国境の南、太陽の西)
  • その小さな世界に完結したまま行き場所を失ってしまった一対の彫像のよう(世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド)
  • 過不足なく日々の責務を果たしながら、中年の後半に入りつつある人を思わせるような(シドニー!)
  • 共和党を支持するラッパーを見るときのような(シドニー!)
  • 緊張症のダンサーが、オーディションで『ウェストサイド・ストーリー』の出だしの部分を踊っているみたい(シドニー!)
  • 特別な料理に用いる、特別な種類のパスタみたいに(騎士団長殺し)
  • 平和な時代の古い機械のような(四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて)

noteはこちらから

酒田しんご|note
https://note.com/jugglershingo

note(ノート)

note(ノート)

note inc. (Tokyo)無料posted withアプリーチ