予約180日待ち!バルセロナのミシュラン2つ星「Disfrutar(ディスフルタール)」のランチは圧巻の4時間コース

スペイン・バルセロナのレストラン「Disfrutar(ディスフルタール)」に行ってきました。

地下鉄L5線「Hospital Clinic」より徒歩3分ほど


中心地からはタクシーで約8分。
バルセロナを代表する総合病院の近くですが、観光客にとっては特に何もないエリアです。

世界一の伝説的レストラン「エル・ブジ」の元トップシェフ


年間200万件の予約希望が殺到し「世界一予約の取れないレストラン」と称された「エル・ブジ」(2011年閉店)を陣頭指揮していたアドリア兄弟の元で、黄金期を支えたトップシェフ3名が独立してオープンしたのがこのお店。


「ミシュランガイド2020」2つ星獲得。
「ワールド50ベストレストラン」第9位ランクイン。
日本テレビ「アナザースカイ」では、米倉涼子さんも訪れていました。

アドリア兄弟の真骨頂「分子ガストロノミー」とは

分子ガストロノミー(英: molecular gastronomy)とは、調理を物理的、化学的に解析した科学的学問分野である。分子美食学と訳されることもある。

分子ガストロノミー – Wikipedia

食材の硬度、外観、テクスチャーを変幻自在に操るフェラン・アドリア氏の料理は、最先端の分子ガストロノミーとして、世界を席巻しました。

計20皿超のランチコース「Gran Classic」


初めて来た人はクラシックコースがおすすめとのことで「Gran Classic」155ユーロ(=約18,000円)を選択。
決して安くはないですが、ミシュラン2つ星としては、抜群のコストパフォーマンスだと思います。

4時間コース!説明不能の極上エンタメ体験

Frozen passion fruit ladyfinger with rum(冷凍パッションフルーツのビスケット)


普通のクッキーかと思いきや、キンキンに冷たくて、重さは体感で2グラムほど。
料理をお皿に直接盛る時代は終わった。

Lychee and roses with gin(ライチと薔薇 with ジン)


「ジンのゼリー」→「ライチ」→「ジンのゼリー」の順で口に運びます。
基本的にすべての料理に対して、スタッフさんが食べ方を指示してくれます。

Homemade cider smoked at the moment(スモーキー仕上げの自家製シードル)


突然、テーブル脇にワゴンが運ばれてきました。
シードル(リンゴ酒)をその場で炭酸化します。否めないマッドサイエンティスト感。

Savory walnut candy with mango, tonka beans and whisky(胡桃のキャンディーとマンゴー,トンカ豆とウイスキー)


木箱を開けると、クルミのキャンディと、トンカとウイスキーで味付けされたマンゴーが登場。
「トンカ・ビーンズ」とは桜餅の香りがするエッセンシャルオイルで、シャネルのNo.5等の香水にも使用されています。

Idiazabal cheese Mille-feuille(イディアサバル・チーズのミルフィーユ)


羊の乳を原料としたスペインのチーズ「イディアサバル」を使ったミルフィーユ。

Gazpacho sandwich with scented vinegar garnish(ガスパチョ風サンドイッチをビネガーの香りと共に)


なんとこれ「パン」じゃないんです。
ファサファサした白いメレンゲ生地から、トマトの香りが立ち上がる摩訶不思議体験。

Disfrutar’s Gilda(ディスフルタールのヒルダ)


「Gilda(スペイン読み:ヒルダ)」とは、アンチョビの塩漬け・オリーブ・獅子唐を楊枝に差したスペインの定番ピンチョス。
1946年に公開されたリタ・ヘイワース主演の映画「ギルダ」が名前の由来。愉快で色っぽくて、ちょっぴり辛口。そんな魅力的な女性のイメージを分子料理でツイストした一皿です。

Crispy egg yolk with warm mushrooms gelatin(パリパリ卵黄とマッシュルームゼラチン)


個人的ベストはこちら!
卵の黄身の揚げ物の下には、温かいマッシュルームの煮こごり風ジュレ。


卵をひとかじりして、黄身をジュレに垂らすよう指示されます。
「濃厚椎茸だし」とでも言わんばかりのジュレがめちゃくちゃ美味しい。

Deconstructed Ceviche(脱構築のセビーチェ)


日本語に訳しても意味がわからない。
セビーチェ(=メキシコの魚介類のマリネ)を、クリームの層とその上に磨り下ろされたニンジンだけで表現した一品。

Salt-cured razor clams with seaweed(マテ貝とワカメの塩漬け)


またまたワゴンが登場。
塩の塊から何かを掘り起こします。


塩漬けで熟成されたマテ貝とワカメ。
マテ貝は「ナバハス(Navajas)」といって、スペインではメジャーな食材ですが、普通は焼くだけなので、こんなプレゼンテーションは初めてです。

Our macaroni alla carbonara(私たちのマカロニ・カルボナーラ)


こちらもディスフルタール名物「透明マカロニのカルボナーラ」


ゼラチンで作られたマカロニに、クリームソースとパルメザンチーズを添えて完成。
味はカルボナーラ、食感は柔らかいゼリー。なんじゃこれ。

Tomato “polvorón” and arbequina caviaroli(トマトのポルヴォロン&キャビア)


スペインの伝統菓子「ポルヴォロン」に見立てた、トマトのテリーヌ風。
黄金色のキャビアは、スペインのオリーブオイル「アルベキーナ」で作られた人工キャビアだとか。

Multi spherical tatin of corn and foie(トウモロコシとフォアグラの多球状タルト)


こちらはトウモロコシですが、一粒一粒、丁寧に作ってタルト生地に盛り付けた創作料理です。手間がやべえ。

Pibil Squab / Squab and foie gras bonbon(ハト肉のピビル / フォアグラ・ボンボン)


ここでメインディッシュのお肉料理。
若いハト肉をメキシコ風のスパイシーな濃厚ソースで柔らかく煮込んだ一品。

怒涛のデザート5皿スタート

Pandan(パンダンの葉)


???
(葉っぱをじーっと見るだけの時間)

Cheesecake cornet(チーズケーキ・コーン)


葉っぱの意味が全くわからないまま、可愛いジェラートの登場。
コーンの奥にはクリーミーなチーズケーキが詰まっていて、一番底にはナツメグのようなスパイスが仕掛けられています。

Chocolate peppers, oil and salt(チョコレート唐辛子, オイルと塩)


グリーン&レッドチリに見立てられたチョコレートクリーム。
「ヘタの部分は本物なので、食べないでくださいね」と言われました。
濃厚なチョコの中に、ピリっと刺激が秀逸な味わい。

“Tarta al whisky”(ウイスキーのタルト)


このスプーンも、まさか自分が主役になるとは思ってない。
(注)タルト部分のコルクは食べられません。

Cocoa and mint cotton(ココアとミントのコットン)


ラストの大トリがこちら。
やばすぎる。


白い部分は本当の綿なので、茶色いココアの綿菓子のフワフワ部分だけ食べてください。
(協力:@nakamura___rumi

これにて食のエンターテインメント閉幕


「Disfrutar(スペイン語:楽しむ)」の名の通り、五感をフル活用して味わう唯一無二のエンターテインメント体験。
13時に入店して、デザートを食べ終わったのが17時でした(ガチ)

予約は180日前からスタート


バルセロナの中でも予約が困難なレストランとして有名ですが、半年後のスケジュールを決め打ちで訪れる価値は十分にあります。

今回は「Waiting List」に並んで、偶然にも前日に席が空きました。ぜひ満席でも諦めずチャレンジしてみてください。

Web予約はこちら:
http://www.disfrutarbarcelona.com/

【営業時間】
ランチ:13:00~14:45
ディナー:20:00~21:45
*メニュー数が多いため、この時間にはスタートしましょうという意味です。

今回ご紹介したお店
店名 Disfrutar(ディスフルタール)
住所 Carrer de Villarroel, 163, 08036 Barcelona
エリア アシャンプラ地区
アクセス バルセロナ地下鉄L5線「Hospital Clinic」より徒歩3分
定休日 土曜・日曜
地図 表示する(Google Map)
Instagram @disfrutarbcn

created by Rinker
¥400 (2020/08/09 17:32:28時点 Amazon調べ-詳細)