バルセロナ最高峰のタパス!名門バル「Cal Pep(カル・ペップ)」の獅子唐ペッパーは死ぬまでに食べるべき

スペイン・バルセロナのタパス料理店「Cal Pep(カル・ペップ)」に行ってきました。

地下鉄L4線「Jaume I(ハイメ1世)駅」より徒歩6分ほど


ピカソ美術館もあるお洒落エリア「ボルン地区」は、バルセロナ中心地にありアクセス抜群。

バルセロナ最高峰のタパス


「The World’s 50 Best Restaurants 2005」
世界ランク31位ランクイン。


バルセロナ屈指のカリスマシェフ「Pep Manubens」氏によるオリジナリティー溢れるタパス(小皿料理)を目当てに、世界中からファンが押し寄せる名店です。

カウンターは開店と同時に満席


カウンターのキャパは20人ほど。
予約は受け付けていないため、後ろに並びましょう。


15分ほど待って着席!
奥に団体用のテーブル席もありますが、活気のあるカウンターにすぐ座りたい方は、オープンの19:30前に並ぶことをおすすめします。

絶対に食べるべきは「獅子唐ペッパー」

Pimiento de Padoron(ピミエント・デ・パドロン)


スペイン人が必ずオーダーする定番のタパス。
日本の獅子唐の原種とも言われる、辛みの無い唐辛子を素揚げしたものです。


これを食べるためだけにバルセロナに来ても損はないと思います(ガチ)
限りなくシンプルでいて、衝撃的な一品。

他にも絶品タパスの数々

Tortilla de Patatas(トルティーヤ)


定番タパスの「スペイン風オムレツ」
このお店の最高傑作であり、バルセロナの料理史に残ると名高い逸品です。


オリーブオイルで煮揚げたポテトを卵で包み、表面にアリオリ(スペインのカタルーニャ州の伝統的なソース)を薄く塗って仕上げたもの。
アツアツでウマすぎる。

Navajas a la Plancha(ナバハス)


旨味が凝縮されたマテ貝は、レモンをたっぷり搾ってどうぞ。

Almejas con jamón(アルメハス)


「まだアサリを酒蒸ししてるの?」
貝の出汁と生ハム、オリーブオイル、ニンニクの組み合わせが完璧。

タコのグリル(正式名称不明)


柔らかいタコと、ほくほくポテトの斬新なマリアージュ。
食べやすいようにハサミでカットしてくれます。

Pan con tomate(パン・コン・トマテ)


「パン!」と言ったら出てきます。
表面に塗られたフレッシュなトマトソースが美味しい。冷めるとシナシナになるので、5分以内にどうぞ。

グラシアス!(おおきに)


これぞ美食の街・バルセロナ。
限りなくシンプルでありながら、想像を絶するレベルのタパスに言葉を失いました。
明日にでもバルセロナに行きたくなってしまう名店中の名店。

【営業時間】
月:19:30~23:30
火~金:13:00~15:45 / 19:30~23:30
土:13:15~15:45 / 19:30~23:30

参考サイト:
Cal Pep =【保存版】カルペップ完全解説 | バルセロナ観光情報

今回ご紹介したお店
店名 Cal Pep(カル・ペップ)
住所 Placa De Les Olles 8, 08003 Barcelona
エリア ボルン地区
アクセス 地下鉄L4線「Jaume I(ハイメ1世)駅」より徒歩6分
定休日 日曜日
地図 表示する(Google Map)





■よく読まれている記事■

メモ:人生が変わるベストグルメ23選

バンコクに引っ越しました

2019年に買ってよかったもの32選

2020年に買ってよかったもの25選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行グッズ32選

おいしい非常食!尾西食品「アルファ米」12種類を本気で食べ比べてみた