プリンは飲み物!京都・三条のカフェ「Direct Coffee(ディレクト・コーヒー)」で極上のやわらかプリンを体験しよう

京都・三条のカフェ「Direct Coffee Kyoto(ディレクト・コーヒー・キョウト)」に行ってきました。

京阪本線「三条」より徒歩9分ほど


京都的に言えば、御幸町六角(ごこうまち・ろっかく)西入ル。
四条からも徒歩圏内で、観光客にとってもロケーション抜群です。

2020年1月25日オープン!

direct(動詞)=(コーヒーを)演出する、監督するの意。
読み方は「ダイレクト」ではなく「ディレクト」です。


こちらはオーナーバリスタの西尾逸平さん(@direct__coffee
JSA認定ソムリエ、JBC公認ジャッジとしても活躍するコーヒーのプロフェッショナルです。

オーダーはカウンターでキャッシュオンスタイル。コーヒー、紅茶、自家製スイーツまで何でもござれ。

まだ硬いプリン食べてるの?

必ず食べるべきはこちら。
期間限定スイーツもありますが、プリンは1年を通して食べられる、ディレクトコーヒーのスペシャリテです。

京都に極上のなめらかプリンが登場。
プリンというよりは「ぎりぎり固体を保っているカスタードクリーム」と言った方が正しいでしょう。

逸平さん曰く「硬いプリンがチヤホヤされるこの時代にこそ、柔らかさを追求してみた」とのこと。
お皿に乗せても崩れないギリギリのラインを目指して、何度も試行錯誤を繰り返したそう。

ひと目ではわからない。
ひと口たべたらわかる。
節子これ食べ物やない、飲み物や。

生クリームと合わせると、イッツ・ア・スモールワールド。
君はプリンと生クリームの境界を見失ったことがあるか?

オーストラリア発「ボンダイチャイ」が甘くて激ウマ。
コーヒー屋さんなのにコーヒー飲めなくてごめんなさい。

コーヒーカクテルもあるぞ

エスプレッソ・ジントニック・コーヴァル


カフェイン耐性がなくてもカクテルならイケちゃう。
シカゴの高級クラフトジン「KOVAL(コーヴァル)」と、エチオピア産エスプレッソを合わせた、超フローラルな一杯。

アイリッシュコーヒー・ウッドフォードリザーブ


第一印象は「昼から飲むもんじゃねぇ」
アイルランド生まれのホットカクテルを、アメリカの最高級バーボン「ウッドフォードリザーブ」で。
バーの聖地・京都でも、これほど美味しいアイリッシュコーヒーを出せる店は少ないでしょう。

京のグルメ通も唸るニューカマー


コーヒーはもちろん、絶品の自家製スイーツから本格派コーヒーカクテルまで、楽しみ方はあなた次第。

知る人ぞ知る京都の最新カフェで、唯一無二のグルメ体験をお楽しみください。

【営業時間】
月~金:11:00~18:00
土日祝:11:00~19:00

今回ご紹介したお店

店名Direct Coffee Kyoto(ディレクト・コーヒー・キョウト)
住所京都市中京区八百屋町106-2
エリア三条河原町
アクセス京阪本線「三条」より徒歩9分
定休日不定休
地図表示する(Google Map)
食べログ表示する(外部サイト)
Instagram@directcoffee_kyoto