札幌・すすきの「炭焼と中華 じゃみん」の鶏の天プラ生姜ソースが秀逸

札幌・すすきのの居酒屋「炭焼と中華 じゃみん」に行ってきました。

札幌市営地下鉄「すすきの」より徒歩5分ほど


札幌のランドマーク・NIKKAの大看板から徒歩5分の好立地。
札幌駅からタクシーの場合は「南6西4」へ。

愛される店主の大衆酒場


2019年3月オープン。
グルメの街・札幌で地元民から絶大な支持を誇ります。


店主・ゆうたさんは、札幌の有名店「お刺身と串焼き ひげ」の立ち上げメンバーでもあり、ヒップホップDJとしての顔も持ちます。

焼鳥をメインに中華も楽しめる


炭焼だけかと思いきや、「点心」のメニューもあるのがポイント。


焼鳥は1本からオーダーできます。

お通し「こまい」からスタート


日本では主に北海道で漁獲されるタラ科の魚「こまい」は絶品。
ししゃものようなサイズ感で、マヨネーズがぴったり。

北海道産山ワサビの「炙りとりわさ」580円


絶妙な火入れの鶏ささ身に、粗めに削り出した山ワサビ(ホースラディッシュ)を贅沢に乗せた一品。


北海道で採れる山ワサビは新鮮そのもの。
本ワサビと比べて「ワサビ味」は少なく、ツーンとした爽快な辛さが口に広がり、鼻からランナウェイ。


かいわれ大根とミョウガも乗せて、醤油をほんの少し垂らしてどうぞ。

「鶏の天プラ 生姜ソース」580円


ここから中華メニューになります。
カリカリジューシーな鶏天に、甘みのある絶品生姜ソース。


オシャレ上級者も裸足で逃げ出す同系色コーデ。めちゃくちゃ美味い。

「土鍋麻婆豆腐」650円


君はかつて、焼鳥屋の〆に麻婆豆腐を食べたことがあるか。


噛むたびに弾けるひき肉の旨味、確かに感じるニラの風味、それらに絡む滑らかな絹ごし豆腐のマリアージュ。
ふんわり香る花山椒は痺れることなく、優しい味わいです。

素敵な料理と人柄に舌鼓を


ゆうたさんの人柄に魅せられて、カウンターのみの店内は連日大盛況。
訪問前には一度電話で確認するのがおすすめです。

Tel:011-596-9530

【営業時間】
18:00~翌4:00(L.O.3:00)

今回ご紹介したお店
店名 炭焼と中華 じゃみん
住所 北海道札幌市中央区南6西4-4-6 銭松ビル 1F
エリア すすきの / 南6条
アクセス 札幌市営地下鉄「すすきの」より徒歩5分
定休日 日曜日・第3月曜日
食べログ 表示する(外部サイト)
Instagram @jammin0301





■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの25選

2019年に買ってよかったもの32選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ