濃厚系スープカレーの聖地!札幌の「Rojiura Curry SAMURAI.平岸総本店」で20品目の野菜をキメよう

札幌のスープカレー専門店「Rojiura Curry SAMURAI.平岸総本店(ロジウラカリーサムライ)」に行ってきました。

札幌市営地下鉄「豊平公園」より徒歩6分ほど


閑静な住宅街、平岸3丁目。
札幌駅からはタクシーで約9分です。


せっかくなので、総本店に行ってきました。
北海道に8店舗、関東に6店舗を展開しています。

「1日分の野菜を食べる」がコンセプト


スープカレー愛好家の中でも賛否両論あるという、まるでシチューのように濃厚なスープが特徴。


食べログ「百名店 カレーEAST 2019」にも選出。
これを食べずに北海道のスープカレーは語れません。

居心地がめちゃくちゃ良い


アンティーク好きのオーナー・川端さんがこだわって作り上げた店内。
お子様連れでもリラックスできます。


カレーを売りたければ、ライスを売れ。

メニューはカスタム性抜群


定番メニュー「チキンと1日分の野菜20品目」がおすすめ。


野菜は、北海道士別市を中心とした契約農家から、全国の店舗へ配送されています。
東京の店舗でも北海道の野菜が食べられるのがポイント。

トッピングを合わせると50万通り!


異常なバリエーションのトッピングメニュー。
北海道らしく「カキフライ」をチョイス。


平岸限定「かぼちゃもちもち」もオーダー。

食前は「ラフランスラッシー」で待機


オーダーを受けてから、一皿ずつ丁寧に調理するため、待ち時間は爽やかなフルーツのラッシーをどうぞ。

圧巻の野菜20品目!


よく見かけるゴロゴロ大きめ具材のスープカリーとは違い、野菜を小さめにカットすることで、多品目の野菜をたっぷりと楽しめるのがポイント。


じゃが芋は、下茹でした後、二度揚げによりカリッとした食感を実現。
素材ごとにその味わいを最大限に引き出すよう、丁寧に調理されています。

こだわりが詰まった一皿


スープは個性的でドロドロ濃厚系。
化学調味料や小麦粉・油を使わず、野菜を10時間以上も煮込んだ栄養満点の無添加スープは、多くのファンを魅了しています。


ライスは北海道士別市の店主の実家で生産している「きらら397」を使用。
白米と玄米をブレンドし、固めに炊き上げることで、スープとの相性が抜群。


チキンはもも肉がまるごと一本!
外はパリパリ、中はホロホロ。


平岸限定「かぼちゃもちもち」
甘さたっぷりのかぼちゃもちの中に、チーズがたっぷり。

人生とは野菜の旨味を分け合うドラマ


食材選びから調理まで、丁寧な仕事が光るスープカレーをお楽しみください。
関東の方は下北沢や吉祥寺店もどうぞ。

【営業時間】
11:00~15:30(L.O.15:00)
17:30~22:00(L.O.21:30)

今回ご紹介したお店
店名 Rojiura Curry SAMURAI. 平岸総本店(ロジウラカリーサムライ)
住所 北海道札幌市豊平区平岸3条3丁目2-3
エリア 平岸
アクセス 札幌市営地下鉄「豊平公園」より徒歩6分
定休日 なし
食べログ 表示する(外部サイト)





■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの25選

2019年に買ってよかったもの32選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ