日本未上陸のフュージョン料理!バンコク・マリオットホテル「Akira Back(アキラバック)」のツナピザが絶品

バンコク・マリオットホテル内のフュージョン料理店「Akira Back(アキラバック)」に行ってきました。

BTS「Phrom Phong(プロンポン)駅」より徒歩11分ほど


五つ星ホテル「マリオット・マーキス・クイーンズパーク」内にあります。
バンコクにはマリオットホテルが3ヶ所あるので、間違えないようにご注意を。


駅からの道はガタガタなので、タクシーがおすすめです。

ロビーに入って右奥のエレベーターで37階へ


シックでかっこいい面構え。
向かいにはお洒落なバーラウンジもあります。

日本未上陸の「アキラバック」とは


韓国料理×和食のフュージョン料理店。
ラスベガス、トロント、ソウル、ドバイ、シンガポール、ジャカルタ、ニューデリーなど、世界各国で約15店舗を展開。


韓国生まれ、米国コロラド育ちのアキラ・バック氏。
プロのスノーボーダーからシェフに転身した同氏の料理は、繊細でありながら、冒険心と創造性に溢れています。

韓国の「ハイトビール」で乾杯


日本のビールに近いキレとあっさりした苦みがあり、スタンダードなペールラガー。
どんな料理にもばっちり合います。


メニューはiPadもあるので、写真を見ながらチョイスできます。

とにかく「ツナピザ」が絶品


「Tuna Pizza」490バーツ(=約1,770円)
結論から言います。これさえ食べればOKです。


スナック感覚のパリパリ生地の上に、薄くスライスした新鮮なマグロをオン。
仕上げにシソの葉とトリュフオイルを回しかけた一品。


マグロの下に隠された「アイオリソース」がめちゃくちゃウマい。
スペイン・カタルーニャ地方で用いられる、ニンニクの効いたマヨネーズソースです。


この薄さからは想像がつかないほど、一層一層にストーリーが詰まっています。

その他アラカルトのご紹介

「Horenzo Shira Ae(ほうれん草の白和え)」


240バーツ(=約870円)
豆腐が無く、もはや白和えではないですが、ゴマダレにラー油のアクセントが秀逸。

「AB Tacos(エービー・タコス)」


360バーツ(=約1,300円)
こちらも看板メニューのひとつ。
いわゆるアメリカ系「ハードタコス」の類で、パリパリに揚げたトルティーヤと、肉汁あふれる牛ひき肉が美味しい。

「Toro Caviar(トロ・キャビア)」


1,950バーツ(=約7,050円)
贅沢な一品ですが、特に感動はなかったので食べなくてもOKです。

五感で楽しめるデザート

「Honey Yogurt Panna Cotta(ハニーヨーグルト・パンナコッタ)」


160バーツ(=約580円)
口の中でパチパチ弾けるアメリカのお菓子「ポップロックス」を散りばめた、エンタメ性抜群の一品。知らずに食べたらビビります。

「Moroccan Mint Tea(モロッカン・ミントティー)」


125バーツ(=約450円)
モロッコでおなじみのスペアミントティー。保温性抜群の鉄急須でいただきます。

公式サイトから予約がおすすめ


100席ほどのキャパシティがありますが、人気店のため、数日前に予約しておくと安心です。
ぜひ、世界中のセレブが絶賛するツナピザをお試しください。

公式サイト:
https://bangkokmarriottmarquisqueenspark.com/dining/akira-back/

【営業時間】
ディナー:18:00~23:00
ランチ(日曜のみ):12:00~14:30

今回ご紹介したお店
店名 Akira Back(アキラバック)
住所 199 Soi Sukhumvit 22, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok
エリア プロンポン
アクセス BTS「Phrom Phong(プロンポン)駅」より徒歩11分
定休日 なし
地図 表示する(Google Map)
Instagram @chefakiraback