カバンに服をぐちゃぐちゃに入れちゃう男って良いですよね。佐々木ヤス子(女優)

神戸大学卒、800年続く由緒ある寺の娘。

コメディからシリアスな役どころまで、柔軟に適応できる演技力には定評があり、現在、関西演劇界で引く手あまたの注目株、佐々木ヤス子(@yasuko696

彼女が、今何を思うのかーー…?

踏み込んだ話はしない」がテーマの、一風変わったインタビュー企画、第2弾です。

ーー理想のデートを教えてください。

佐々木:潮干狩りです。

アサリって一晩寝かして、砂抜きしないと食べられないんですね。つまり、必然的に一夜を共に明かすことになるんです。ロマンティックが止まりません。

ーー舞台人として天性の「何か」があるように感じます。

佐々木:普段、ほとんど演劇を観に行くことはなくて、そんなに演劇が好きじゃないんだなって自分で思うんです。

学生時代、ずっとダンスが好きでやってたんですが、先生にダメ出しされたときに、プライドが邪魔をして「なんでそんなこと言われなあかんのや」と思ってしまったんです。

そして、思ったんです。
これでは食っていけない」と。

ーー僕は三度の飯よりジャグリングが好きなので、この考え方は面白いなと。

佐々木:良くも悪くも、「好きゆえの窮屈さ」みたいなものが私には無い。

演劇をやってみると、演出家からダメ出しされた箇所をパズルのように組み替えると、スッと腑に落ちることに気付きました。

演劇に対するプライドがないからこそ、真っ直ぐな姿勢で続けていられるのかもしれません。

ーーやはり女性は紳士的な男性に惹かれるのでしょうか?

佐々木:昔はそう思ってましたが、大人になって考えが変わりました。

ーーと言うとーー…?

佐々木:カバンに服をぐちゃぐちゃに入れちゃう男って良いですよね。

女性から見て、理解できないくらいルーズなところにキュンとするんです。
「こらー!」って怒ってあげたいですよね。

ーーやはり「築地」のココアは美味しいですね。ところで、昨年、宇治の天ヶ瀬ダムに行かれたそうですがーー…?

佐々木:「ダムカード」をゲットしました。

ーーダムカード?

佐々木:全国のダムマニア向けに、国土交通省が発行しているカード型のパンフレットです。

カードを配布してくれた天ヶ瀬ダムのスタッフのおじさんも、相当なダムマニアでした。

2013年の台風18号接近の際、竣工以来初めて(49年ぶり!)非常用ゲートを開門して毎秒1,000トンを放流した話を、興奮気味に語ってくれました。

ーーこれは胸熱。僕も今年は黒部ダムに行こうと思います。

佐々木ヤス子
女優。1991年1月9日生まれ。
京都府宇治市出身。
神戸大学 発達科学部 人間表現学科卒業。同大学在学中より演劇活動を開始する。
実家が800年続く由緒正しい寺であるにもかかわらず、煩悩にまみれて育つ。
先天的な品の良さと、後天的ないやらしさが持ち味。
ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』出演中。
Twitter:@yasuko696
Instagram:@yasuko696
公式サイト:https://yasuko696922.wordpress.com/
撮影させていただいたお店
店名 築地(ツキジ)
住所 京都府京都市中京区米屋町384-2
エリア 四条河原町
アクセス 阪急電車「河原町」より徒歩約1分、京阪「祇園四条」から徒歩約3分
食べログ 表示する(外部サイト)





■よく読まれている記事■

2万円で最低限の「非常持ち出し袋」を作ってみた

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

2018年に買ってよかったもの22選

人生最高のバー体験!渋谷の「The SG Club」で世界一のカクテルを楽しもう

悪の巣窟、香港の安宿「重慶大厦」に宿泊してきた