リニューアルオープンした「伊丹市昆虫館」のチョウ温室が楽しい

関西を代表する昆虫館、兵庫県「伊丹市昆虫館」(通称:いたこん)に行ってきました。

JR・阪急「伊丹」よりバスで10分ほど


伊丹駅前4番乗り場から伊丹市営バスに乗車し、「松ヶ丘」もしくは「玉田団地」下車。


大人は400円で入れちゃいます。コスパ最強!

チョウ温室がリニューアル!


1990年の開館から27年が経過し、老朽化が目立っていたチョウ温室のガラスをすべて交換し、2018年4月にリニューアルオープン!
全国の昆虫館でも前例のない、大規模改修工事となりました。


めちゃくちゃ明るい!

1000匹のチョウが舞う楽園


チョウ温室としては、関西一の広さを誇り、沖縄産のチョウを中心に、1年中800~1000匹がドーム内に放されています。


白いバッグに大きなチョウが!
(協力:@rumi_nakamura

チョウのご紹介

オオゴマダラ(タテハチョウ科)


羽を広げると、13cmにも及ぶ日本最大のチョウ。フワフワ~と優雅に飛ぶ姿が上品です。


オオゴマダラのサナギはこちら。
ゴールドに輝く姿は、まさに自然の神秘。

リュウキュウアサギマダラ(タテハチョウ科)


新撰組の羽織を彷彿とさせる、美しい浅葱色(あさぎいろ)。

ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科)


黒い貴婦人。
この渋さがたまらない。

ツマベニチョウ(シロチョウ科)


ザ・南国のチョウといえばこちら。赤い花が似合います。

コノハチョウ(タテハチョウ科)


羽を開くと鮮やかな色ですが…


裏面は枯れ葉そっくり!
改修工事中に寿命調査を行ったため、羽にマーキングがされています。

特別展示室


プチ展示:「いもむし・けむし」(2018年5月9日~7月2日)
いもむしをモフモフできちゃいます。


自由帳にいもむしのイラストを描けるコーナー。
(協力:@Yuka_hyodO / @Bon_Jonio

生態展示室


カブトムシやクワガタがいます。子ども達は大興奮間違いなし。


気分はヘラクレスオオカブト。

館外の昆陽池公園(こやいけこうえん)も楽しいぞ


日本屈指の野鳥の楽園として知られ、都市部にいながら、豊かな自然を楽しめます。
池に浮かぶ人工島は、上空から見ると「ミニ日本列島」のよう。


コブハクチョウさん。


アヒルさん。
基本的にダラダラしていて、癒されます。

まとめ

都会の喧騒に疲れた方は、休日のリフレッシュにオススメです。
かけがえのない命と自然に触れ合う、ピースフルな時間をどうぞ。

昆虫館のデータ
名称 伊丹市昆虫館
住所 兵庫県伊丹市昆陽池3-1
エリア 伊丹
アクセス JR・阪急「伊丹」下車。伊丹市営バス乗り換え。「松ヶ丘」または「玉田団地」バス停下車。
定休日 火曜日(火曜が祝日の場合は翌日休)
公式サイト 表示する(外部サイト)
Twitter @itakon25

created by Rinker
¥3,960 (2020/12/01 16:24:44時点 Amazon調べ-詳細)