世界バーランク1位!ロンドン「Dandelyan(ダンデライアン)」で感動のカクテルを味わおう

2018年世界バーランキング1位、ロンドンの「Dandelyan(ダンデライアン)」に行ってきました。
追記:2019年3月に「Lyaness」としてリニューアルオープンとなりました。

地下鉄ジュビリー線「Southwark」より徒歩8分


美しいテムズ川を眺望できる、高級デザイナーズホテル「Mondrian London(モンドリアン・ロンドン)」の1Fにあります。

オーナーはUKバー業界の巨匠「ミスター・ライアン」


イーストロンドンの「ホワイト・ライアン」、ニューヨーク「ヘンリー」に次いで、3店舗目として2014年にオープン。
2018年には「World’s 50 Best Bars」において、世界一を獲得しました。


店内のインテリアは、イギリス人インテリア・デザイナーのスーパースターとして知られるトム・ディクソン氏が担当。


壮観なテムズ川の夜景を肴にグラスを傾ける極上空間です。

コンセプトは “Modern Life of Plants”


ミクソロジスト(=果物や野菜、ハーブなどを使ってカクテルをつくるスペシャリスト)として数々の賞を受賞したミスター・ライアンによる、世界最高峰のカクテルを味わう事ができます。


「ミント」「ブドウ」「ホップ」「クラシック」の4つのセクションに分かれており、メニューを見ているだけでワクワクします。

まずは「ジン・トニック」


ジンの品ぞろえが25種類あって迷いましたが、オリジナルの「Mr Lyan Gin」をチョイス。
クリーミーなジュニパーが上品に香ります。

「Animal Farm(アニマル・ファーム)」


ハバナクラブ3年(ラム)、レモングラス、フォームミルク…etc
まろやかで、アルコール度数も低く、お酒の弱い方にもおすすめ。

「Nitrate Manhattan(ナイトレート・マンハッタン)」


タパティオ・ブランコ(テキーラ)、タリスカー10年(ウイスキー)、ルバーブ・セゾン(ビール)…etc
奇想天外なレシピですが、味はキレッキレのマンハッタン。

「Koji Hardshake(コウジ・ハードシェイク)」


デュワーズ12年(ウイスキー)、レモン、麹(こうじ)、リコリス・ビターズ、焼きマシュマロ…etc
ほのかに香る麹が、日本人のDNAにド直球ストレート。人生ベストカクテルのひとつとなりました。

ホテルのレストラン直結でフードメニューも充実


焼きたてのパンをオリーブオイルとバターで。


「アップル・ピーカン・パイ」
温かくてサクサクのパイと、上品な甘さのバニラアイスが絶妙にマッチ。

公式サイトから予約がおすすめ


世界中からバー好きが訪れる名店のため、事前に公式サイトから予約することをおすすめします。
ロンドン旅行の際は、ぜひ世界最高峰のカクテルを五感でお楽しみください。
備考:現在は「Lyaness」としてリニューアルオープンしています。

今回ご紹介したお店
店名 Lyaness(Formerly Dandelyan)
住所 Mondrian London, 20 Upper Ground, London SE1 9PD
エリア ロンドン・サウスバンク
アクセス 地下鉄「Southwark(サザーク駅)」より徒歩8分
定休日 なし
地図 表示する(Google Map)
Instagram @lyanessbar





■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの25選

2019年に買ってよかったもの32選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行の便利グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ