マリオットの最高峰「セントレジスホテル大阪」宿泊記(前編)

大阪・本町の5つ星ラグジュアリーホテル「セントレジスホテル大阪」に宿泊してきました。

マリオット・インターナショナルの最高級ブランド


1904年、ニューヨーク5番街で誕生した「セントレジス」は、各国でセレブの社交場として愛される名門ブランド。
「セントレジスホテル大阪」は国内第一号として、2010年にオープンしました。

イタリア料理「La Veduta(ラ・ベデュータ)」


12階のメインダイニングでディナーをいただきます。
シャンデリアの存在感が半端じゃない。


創業200年を超える老舗メゾン「ペリエ・ジュエ」のシャンパーニュで乾杯。
フルーティーでありながら、ブリュット(辛口)らしくシャープな切れ味。


「牛肉の低温調理 オリーブオイルのエマルジョン ラディッキオのクランチ ラズベリーのマヨネーズ」
もはや名前がオシャレすぎてわからない。


「寒ブリ ハーブのサラダ アーモンドとココナッツのクリーム」
寒ブリの身がめちゃくちゃ引き締まっていて、見た目からは想像できないボリューム。


「プロセッコワインのリゾット アワビの低温調理と肝のソース」
北イタリアのアロマティックなスパークリングワインを使った贅沢な一品。アワビのコリコリ感がやばい。

「グランド・デラックス・プリミエ」にチェックイン


「ここで寝てもいい」と思えるほどに美しい廊下。


ターンダウンされ、夜景も楽しめる部屋に到着。
マットレスは米国ベッド業界の最高級ブランド「Sealy(シーリー)」によるもの。


枕元にはチョコレート。朝食はルームサービスも可能です。


ミニバーのポケットサイズのお酒が可愛い。

バスルームをチェック


洗面台は2つあって、広々と使えます。


バスタブのブラインドを開けると、シティビューも楽しめる粋な演出。


アメニティはNYの高級スパブランド「REMÈDE(ルメードゥ)」


バスタブ用の枕が快適。テレビも見れます。


壁にボディシャワーが4個付いています。
ハンドシャワーを一度も持たずに、全身を洗い流せるスグレモノ。


5つ星ホテル御用達、米国「Monarch Cypress(モナーク・サイプレス)」のバスローブ。
中はタオルのようなパイル生地で、外はシルキーで滑らかな仕上がり。

天空から光が降り注ぐ内装デザイン


あらゆるカーテンレールを自然に隠す配慮。インテリアデザイナーのストイックさを感じます。


カーテン開閉とライトは、ベッド脇の引き出しのボタンで操作できます。
カーテンを手で閉める時代が終わりました。


逆サイドの引き出しには聖書が。
「セントレジス」の名前の由来となった「ジョン・フランシス・レジス」は、旅人を手厚くもてなしたことで知られるカトリックの聖人だそう。

こだわりの電化製品の数々


ドイツの老舗メーカー「SOEHNLE(ツェーンレ)」のガラス素材の体重計。
厚さわずか17mm!


国内最高級ドライヤー「レプロナイザー 3D Plus」
その市場価格なんと38,000円。使うほどに髪に艶が出る魔法のような逸品。

人生最高のスリッパを体験


個人的に一番感動したのはこれ!
フワフワすぎて笑いが止まらなくなるスリッパがこの世にあるとは知りませんでした。

後編はこちら:
マリオットの最高峰「セントレジスホテル大阪」宿泊記(後編)






■よく読まれている記事■

ANAの最上級会員「ダイヤモンドメンバー」になりました

バンコクに引っ越しました

2018年に買ってよかったもの25選

2019年に買ってよかったもの32選

年間100フライトのプロジャグラーが薦める海外旅行の便利グッズ31選

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ