京都・丸太町の韓国焼肉「ナグネコプテギ」で乳酸菌の効いたやかんマッコリを飲もう

2015年のオープン以来、京都・丸太町で大人気の韓国式焼肉店「ナグネコプテギ」に行ってきました。

京阪「神宮丸太町」より徒歩5分ほど


河原町通り沿いにあり、地下鉄「京都市役所前」からも徒歩約7分の好立地。

テーブルがドラム缶!


雰囲気抜群!本場・韓国の伝統的なスタイルだそうです。


バッグに臭いが付かないよう、大きなビニール袋を渡してくれます。

名物「やかんマッコリ」の酸味が絶妙


正直「今まで飲んできたマッコリは何だったのか」というくらい衝撃でした。
マスター曰く、上質な米麹(こめこうじ)を使うことで、生きた乳酸菌が含まれ、ヨーグルトのような酸味が楽しめる、とのこと。


見た目通りに量がすごいので、お酒の弱い方は「グラスマッコリ」でお楽しみください。
もう市販のマッコリには戻れないこと間違いなし。

きな粉でいただく「豚皮」700円


店名にもある「コプテギ」は韓国語で「豚の皮」を意味します。
ちなみに、「ナグネ」は「ちょい飲み」の意。


難易度の高いネタは、店員さんが焼いてくれますのでご安心を。


見事なハサミさばきで細かくカット。


なんと「きな粉」でいただきます。
きな粉(砂糖を加えていない)の素朴な大豆の風味と、ムニムニした豚皮が絶妙にマッチ!

プリプリ食感のホルモン「マルチョウ」1,100円


パッと見「モスラ」ですが、牛の小腸=マルチョウです。


こちらも店員さんが焼いてくれます。溶け出した脂が一箇所に集中しないよう、転がすのがコツ。


韓国の万能調味料「アミの塩辛(=セウジョッ)」でいただきます。
濃厚な脂に塩気のアクセントが効いて絶品です。

ラストは「骨付牛カルビ」2,200円で〆


どーん!と1ポンド(=約453.6グラム)を焼きながら細かくカット。


骨のキワッキワまで剥がしてくれます。


チシャやエゴマの葉で、辛味噌と一緒に包むと、お口の中がマシッソヨ!(美味しい)

ごちそうさまでした!

京都にいながら、ちょっとした韓国旅行気分を味わえました。
カジュアルなお店ですが、人気店のため、事前の電話予約がおすすめです。

今回ご紹介したお店
店名 ナグネコプテギ(나그네 껍데기)
住所 京都市中京区竹屋町大文字町242-5
エリア 丸太町
アクセス 京阪「神宮丸太町」より徒歩約5分
食べログ 表示する(外部サイト)





■よく読まれている記事■

2018年最新!ANAダイヤモンドメンバーが教えるマイルの貯め方

2018年に買ってよかったもの28選

2017年に買ってよかったもの25選

本は、聴こう。Audible(オーディブル)に登録してみた

日本未発売「fresh」のシュガーリップの保湿力がいい感じ