日本初上陸ブランド!「JWマリオット・ホテル奈良」プラチナエリート宿泊記(後編)

奈良市のラグジュアリーホテル「JWマリオット・ホテル奈良」に宿泊してきました。

前編はこちら:
日本初上陸ブランド!「JWマリオット・ホテル奈良」プラチナエリート宿泊記(前編)

カクテルタイムはラウンジで


エグゼクティブ・ラウンジでは、1日3回のフードプレゼンテーションが楽しめます。


こちらがオープンキッチンのエリア。


カクテルタイム(17:00〜22:00)には、ワインや各種スピリッツ、リキュールが並びます。


冷蔵庫にはジュース、炭酸水、ジンジャーエール、ミルク等の各種ソフトドリンク。


17:00〜20:00は夕食前の前菜タイム。
お鍋はフランス製「ストウブ」のラウンド型ココットです。


ブッフェスタイルのため、ここで調子に乗ると、胃の余裕がなくなるのでご注意を。

1階レストラン「シルクロードダイニング」で夕食


シルクロードの終着点・奈良に集まる様々な交易品から着想を得たダイニング。
西洋と東洋が絶妙にミックスされた、四季豊かな料理をお楽しみください。


「モッツァレラ、キヌア、アボカドのサラダ」
奈良産のフレッシュな地元野菜が花を添えます。キヌアとは「母なる穀物」と呼ばれるアンデス地方のスーパーフード。


「チキンブイヨン、マッシュルーム、黒トリュフのコンソメ」
贅沢すぎてドン引きのコンソメスープ。


「モッツァレラ、トマトソース、バジルのマルゲリータ」
モッチモチの生地がボリューム満点。前菜のしわ寄せで胃が限界。

1階バーラウンジ「FLYING STAG」で食後のカクテルを


カウンターの壁紙には大きな鹿の水彩画。
日本人アーティスト・島田萌さん(@moe.shimada.23)による作品です。


開放感あふれるロビーラウンジ。
夕方のアフタヌーンティーは奈良のおハイソなマダム大人気とのこと。


200年の歴史を誇る、英国デボン州「プリマス・ジン」のジン・トニック。
極上のナイトキャップでベッドイン。

プラチナ特典で朝食が無料


7:00〜11:00はエグゼクティブ・ラウンジにて朝食タイム。
卵焼きやオムレツ等の卵料理はシェフにオーダーすることができます。


例によって10:30に滑り込みましたが、しっかり残ってて安心。


絵に描いたようなアメリカン・ブレックファストで、朝から血糖値を爆上げしましょう。

食後はフィットネスも


4階の「フィットネス・センター」は24時間営業で使い放題。


有酸素運動のためのランニングマシンや、筋トレ用のダンベルやバランスボールなど充実の設備。

屋内プールでチルタイム


8:00〜20:00はプール&サウナが使えます。
ゴーグル持参でガチ泳ぎするも良し、温水ジャグジーでほっこりするも良し、プールサイドチェアでセルフィーをキメるも良し。


ダイヤルロック付きの更衣室。
ミネラルウォーターやバスタオルは自由に使えます。


500円で水着のレンタルも可能です。
受付は4階「SPA by JW」にて。

1階の日本料理「校倉(AZEKURA)」にてランチ


「鉄板焼き」「寿司」「懐石料理」を提供する3つのエリアで、日本を代表するそれぞれの料理を楽しめます。


今回はお寿司のカウンターで、料理長おまかせのランチコース(税込9,610円)をチョイス。
ディナーよりもリーズナブルでおすすめです。


地元野菜の前菜からスタート。


イカと本マグロのお造り。
右下の高知県の「直七(なおしち)ぽん酢」がめちゃくちゃ美味しい。


光り物の高級魚のひとつ「サヨリ」の握り。


可愛い二層式グラスに入った「いくら丼」。


中トロの「漬け」の握りで〆。


デザートは抹茶アイスの最中。
ホテルから一歩も出ず、約24時間で4食を堪能しました。
次回は人気の鉄板焼きも予約してリベンジしたい。

奈良で極上のステイケーションを


▲JWマリオットのロゴのグリフォン君。

ゴールドエリートは14時、プラチナエリートは16時のチェックアウト。
自分へのご褒美に、家族との思い出に、古都・奈良で5つ星のホテル体験をどうぞ。


created by Rinker
直七の里
¥621 (2021/02/26 13:33:08時点 Amazon調べ-詳細)