日本初上陸ブランド!「JWマリオット・ホテル奈良」プラチナエリート宿泊記(前編)

奈良市のラグジュアリーホテル「JWマリオット・ホテル奈良」に宿泊してきました。

近鉄「新大宮」より徒歩約10分


2020年7月22日開業。
奈良県初のエグゼクティブラウンジを持つ5つ星ホテルとなります。

マリオット・インターナショナルの最高級ブランド


「JW MARRIOTT」ブランドは、マリオット・インターナショナルが展開する30のブランドのうち、最高級カテゴリーに属し、今回が日本初上陸となります。


ちなみに、JWとは、マリオットグループの創業者「ジョン・ウィラード・マリオット(John Willard Marriot)」の頭文字。

1泊50,000ポイントで宿泊


ポイント宿泊する場合は、1泊40,000〜60,000ポイント(カテゴリー6)です。
今回はスタンダードシーズンのため、50,000ポイントで交換しました。
現金の場合は、1室35,000〜60,000円程度。

まずはチェックイン


洗練された温かみのあるウッディな内装デザインは、世界のラグジュアリーホテル御用達、ロンドンのG.A.Design社が担当。


プラチナエリート特典で「エグゼクティブ・ラウンジ」でチェックインすることができます。


エレベーターで2階へ案内されると、奥に秘密のドアが登場。


プラチナエリート以上の会員は、こちらの専用カウンターでのチェックインが可能です。


開放感のあるラウンジ!
アメージングでヘヴンリー、それでいてプレシャスな空間。


ウェルカムドリンクをいただきながら、流れるように快適なチェックイン。
お金で買えない価値がある。買えるものはSPGアメックスで。

お部屋へ


「デラックスルーム, キング, シティビュー」
年末で宿泊客が多く、アップグレードはありませんでしたが、それでも十分すぎるサイズ感。


テーブルにはレターと共に、ウェルカムチョコレートが。


総支配人のクリストファー・クラーク氏は、2015年より「ザ・リッツ・カールトン大阪」の総支配人も務めた叩き上げのホテルマン。

リビングルームはこちら


テレビはサムスン製の55インチ。
画面には宿泊者の名前が表示されています。


ベッドはマリオット御用達、米国シモンズ製。
まるで空に浮いているような寝心地をあなたに。


ベッドサイドには木彫りの鹿の可愛いオブジェが。


ベッドの上には鹿のツノ。とにかく鹿推しがすごい。


引き出しには、新約聖書があります。
創業者のJ・ウィラード・マリオットは、モルモン教徒で、生涯タバコも酒も嗜まず、巨富を築いた後も質素な生活を続けたことで知られています。

ミニバーの飲み物


ホテルオリジナルのクラフトビールや日本酒、奈良県産トマトジュースなど。


ウイスキーのミニボトルも可愛い。
*ミニバーは別料金となります。


ネスプレッソと紅茶、ロゴ入りミネラルウォーターは無料でどうぞ。

バスルームのご紹介


シンプルでいてファビュラス、そして、グッドルッキングな洗面台。


ハンドソープは、英国王室御用達の最高級ブランド「アロマテラピーアソシエイツ」を採用。


ゴツゴツしたグラスと、レザーのアメニティーボックスが渋い。


フッカフカすぎて、踏むのをためらうレベルのバスマット。


バスタブも広くて快適!
真新しいバスルームは気持ちいいですね。


ハンドシャワーは手元で水流を3タイプに切り替え可能。
さらに上にはレインシャワーも。


なんと椅子はヒノキ製。
バスルーム全体に和の香りが漂います。


ドライヤーは美容家電ブランド「SALONIA(サロニア)」を採用。
髪に優しく、ドライ時間が30%も短縮できる優れモノ。

その他のアメニティ


消毒用ハンドジェルもお洒落。


ラベンダーの香りのピローミスト。
ぜんぶ冬のせいにして、脳内お花畑でクローズ・ユア・アイズ。

後編はこちら:
日本初上陸ブランド!「JWマリオット・ホテル奈良」プラチナエリート宿泊記(後編)